自分道 じぶんどう

元小学校教員が進む、青年海外協力隊の道。 アフリカ・セネガル編

9 真、お手洗い

日本との時差、9時間。

いつもセネガルの時間に、+9時間して考えて、日本は何時かなと無意識に考えています。

f:id:yuta7watanabe:20180722070610j:image

2ヶ所の時間が見れる時計です。

セネガルが7月21日の22時05分、

日本が7月22日の07時05分、です。

 

同じ時を過ごしてるのに、夜と朝というのが不思議に感じます。

 

生活に欠かせないトイレ事情です。

f:id:yuta7watanabe:20180722071539j:image

写真のトイレが一般的と思われます。語学学校にもあります。

このトイレのすぐ横が水浴びをするスペースです。

 

日本にあって、セネガルにないものは何だ?

 

トイレットペーパーをはめる場所がない。

最後に水を流す「ジャー」の部分がない。

 

左側にやかんみたいなものが見えますね。これに水が入っています。

つまり、【紙でふかず、手で洗う】スタイル。

 

日本では、したことないですね。

何事もやってみなくては、文句が言えない!

 

というわけで、このスタイル実行しています。

 

水を使って手で洗うという海外ではよくある話ですが、一言だけ。

 

「わるくはないぞ」