自分道 じぶんどう

元小学校教員が進む、青年海外協力隊の道。 アフリカ・セネガル編

14 オッチャン50


f:id:yuta7watanabe:20180727045522j:image

f:id:yuta7watanabe:20180727045755j:image

何にもない語学学校までの道に、1つだけ「ホテル」があります。

 

 

歩いて10分の間、朝、夕と、いつものところにいる人にあいさつしています。

 

あいさつをすると、みんな必ず返してくれて、さらに質問、会話と発展します。

 

その中の1人が、ホテルのフロントのおっちゃん(オッチャン)です。50歳の友達。

いつも名前で呼んでいますが、ここではオッチャンと呼びます。

 

朝と夕、あいさつをして通ると、新しいウォロフ語を少しずつ教えてくれます。

ドラクエのよう。

 


f:id:yuta7watanabe:20180727045510j:image

f:id:yuta7watanabe:20180727045454j:image

オッチャンは、日本に行ったことがあり、茶道をしている写真を見せてもらいました。

フランス語で訳してある日本語を学ぶための本を持っています。見ると、1993年の本でした。ボロボロです。

 

左の写真。よく見ると「まど」という言葉に○がついてます。

その当時、重要単語だったのでしょう。

 

今日は、本の例文を読んでいました。

例文がコレ。

 

「アナタハカトーサンデスカ?」→

「あなたは加藤さんですか?」

でした。

 

「わたしは渡邉です。」

と答えました。

 

いつもこちらが聞くだけですが、

今日は少し日本語を教えました。

 

おだやかで優しい190㎝超えのオッチャン。