自分道 じぶんどう

元小学校教員が進む、青年海外協力隊の道。 アフリカ・セネガル編

22 糖質オン

公用語がフランス語のセネガルです。

 

朝飯は、フランスパンが多い。

フランスパンに、卵やポテトやソースなどをはさんで売っている露店がいくつもあります。

 

パン屋もあります。

この間買ってみました。


f:id:yuta7watanabe:20180729072338j:image

f:id:yuta7watanabe:20180729072353j:image

行った店では、甘い系のパンしかありませんでした。

 

「甘い」に対する感覚が、日本と全然違う!

 

カップ1杯のコーヒーに、

 

日本だったらシュガースティックを1本入れる入れないかのところ、

 

セネガルだと角砂糖(今の小学生、見たことないか?)を5、6個投入!

 

「アタヤ」というセネガル人が飲むお茶があります。


f:id:yuta7watanabe:20180729073126j:image

f:id:yuta7watanabe:20180729073059j:image

小さなポットで、茶葉をグツグツとやるのですが、これには角砂糖を10個ほど投入!

または、砂糖を大量にカップですくって投入!

 

ショットグラスみたいな小さな容れ物で飲みます。

 

日本でこんなに甘い飲み物ないだろうという甘さ。それに負けじと、強い苦みもあるお茶です。

 

糖質オン。

 

したくないので、

すすめられても、ほとんどの場合断ってます。