自分道じぶんどう

アフリカは、セネガル。青年海外協力隊。

38 遠足、園足

街のまだ行っていないところ、気になります。

引っ越したばかりの時、特に。

 

小さい街なので、栄えているところは限られてています。主に、マルシェです。

 

今日はマルシェからは離れている場所。

地図に大きく緑色でぬられていた部分。

 

地図には「公園」とありましたが、

本当に公園か確かめに行きました。

 

地図表示と現実の違いが、以前から多いからです。

 

運動がてら、時間をかけて歩いて、目的地へ着くと、公園ではありませんでした。

 

そこは、とてつもなく大きな「果樹園」でした!

 

入り口まで行って、

「入ってもいいですか?」と聞きました。

 

「ついて来なさい。」と言って、

おじいさんが一輪車を押しながら、てくてくと、誘導してくれました。

f:id:yuta7watanabe:20180822030733j:image

植物が生い茂ったジャングルのような中を、ものすごいスピードで歩いていきます。

ついていくのに必死です。

 

もう自力では帰れないほど、ジャングルの奥まで来ると、そこにいた働いている若者に、

「中を案内してくれ!」と、

バトンタッチしました。

 

その後、若者が、園内を案内し、

この植物には、この実がなるよ、

といった具合に教えてくれました。

 

柑橘系の実、オレンジやレモン、

そして南国系のフルーツ、バナナやココナッツ、パパイヤなどがありました。

f:id:yuta7watanabe:20180822031321j:image

入り口で、

「入ってもいいですか?」と聞いただけです。

特に、案内してくれということは、言っていません。

 

それなのに、親切に、時間をかけて案内してもらいました。

 

優しさ、感じます。

 

公園を探した、

結果、果樹園が見れた。

思いがけない発見。