自分道じぶんどう

アフリカは、セネガル。青年海外協力隊。

68 子供は笑顔

今週から小学校へ行っています。

まだ前の学年の復習をしていて、新学年の授業はスタートしてません。

 

子供達の服装が気になりました。

日本で、4月初めに入学式準備を張り切るように、

どの子も新品の服やリュックなどを、着飾って登校してきました。

新品って分かるタグなんかつけっぱなしの子も多いです。

本物ではないだろうけど、ヴィトンやグッチ柄のリュックを持っている子もいます。

 

女の子は髪を編み込み、飾りをつけ、カラフルな良い生地で仕立ててもらったオーダーのセネガル服に、かかとの高いサンダルなど履いています。祝い事のような格好の毎日でした。おそらく、この格好は続くでしょう。

 

いつも近所で関わって、笑顔であいさつをよく交わす子供達は、時間になっても小学校へ行く様子がなく、いつも通りパンを売っている露店の手伝いをしていました。

 

そんなよくあいさつを交わす子供には、素足の子や、毎日同じ服を着ている子が多いのですが、

その脇を、新品で着飾った、いかにも裕福だと分かる服装で通り過ぎて登校する子供達がいます。

 

学校で授業をしている時間にもかかわらず、

家の手伝いをしている子供も見かけます。

 

前に同僚に、

セネガル就学率が95%(もらったデータ)と高いのに、修了率(卒業する率)が低いの?」

と聞いた時、

「貧困で諦めるからだよ。」

とはっきり言っていました。

 

話を聞いた時、そんな事があるのか?と思ったけど、現実に目の当たりにしています。

 

学校に通ってなくても、笑顔でせっせと働いてる姿に、考えされられます。

 

f:id:yuta7watanabe:20181013022242j:image

予報では40℃超えは続きます。スイカは好評。