自分道じぶんどう

アフリカは、セネガル。青年海外協力隊。

78 青空職員室

セネガルの授業と授業の間には、休憩がありません。

 

例えば、

8時〜11時までが朝からの授業時間です。

 

先生達は、きりの良いところで授業をやめて、また次の教科を始めます。

 

きりの良いところまで行う、という考えは、良いです。

ただ、それが1時間くらい長引くと、集中するのが難しくなってきます。

 

途中で先生が教室から抜けることがちょくちょくあるので、それが隙間の休み時間みたいにはなっています。

 

11時からの休み時間になると、

先生達は、何をするか?

 

文字通り、「休み」ます。

 

職員室は、

存在しなくて、外です。

f:id:yuta7watanabe:20181106020940j:image

 

もう一つの学校では、

大きな木の下に、椅子を円に並べて、休んでいます。

 

休み時間に、仕事の話を持ちかけると、

「今は休み時間だから、あとでね。」

と言う方が割と多いです。

 

休む時は休む、という良い考えです。

ただ、放課後も勤務時間ではないので、

先生に相談できる時間は、授業中なのです。

なので、先生達と話す時間をつくるのに、工夫が必要です。

 

休み時間は、子供から元気をもらっています。どの国も同じで、色んな子がいて、面白い!