自分道じぶんどう

アフリカは、セネガル。青年海外協力隊。

104 マ、タ、ア、シ、タ

小学校では、

チャイムの代わりに、ピィー!というサイレンみたいな音を、先生が手動のボタンで鳴らすと、下校の合図です。

 

ほとんどの子は、足早に帰っていく中、私のところに足を止めて、少し話をしてから帰る子もいます。

 

4年生の女の子が私に聞きました。

「バ・スバ!(ウォロフ語)って、日本語で何て言うの?教えて!」

 

「また明日!だよ。ま、た、あ、し、た!」

 

「マ、タ、ア、シ、タ。ま、た、あ、し、た。

またあした!」

と、繰り返した後の最後のまた明日!を私に向かって言いました。

 

「また明日!」

 

突然のことでした。

日本のことに関心をもってくれたことは、私の心を温かくしてくれました。

 

久しぶりに、自分がセネガルでは稀な日本人であることを自覚しました。

 

ただ一緒の空間で生活するだけで、影響を与えることもあるのだなぁと気付きました。

 

その影響とは、外国と日本を繋げる見えない結び目をつくる役目です。

 

将来、この子が記憶しているかは分からないことだけど、

そんな種をまいていくことも、

きっと活動する意義。

 

f:id:yuta7watanabe:20190118060513j:image

セネガルで売っている牛乳。粉を溶いたように薄く、賞味期限は1年。日本の消費期限のある牛乳とは色だけ同じの味は全くの別物。飲む用でなく、コーンフレーク専門要員。