自分道じぶんどう

アフリカは、セネガル。青年海外協力隊。

106 体感 イチキロ

算数。

3年生に「kg」を教えました。

 

量感は、目の前に物を用意しないと分からないままです。

 

今回も頭をひねって、何か良い方法はないかとしぼり出しました。学校には使える道具がないから、子供達に家から持ってきてもらう方法で試しました。

 

授業をする前日にクラスに行き、告知をしました。

「もし家にペットボトルがあったら持ってきてね!」

 

初めての呼びかける方法で、クラスの何人が覚えていて、持ってくるのか?と疑問でした。

 

次の日。

ペットボトルを持ってきたか確認すると、

約60人中、約20人が持ってきてくれました。これは予想していたよりも多い数でした。

 

早速、ペットボトルに水を入れさせました。

セネガルに流通しているジュースのペットボトルはほとんど330mlのものです。

「何ml入る?」と聞くと、

1mlや5mlなどのかけ離れた数字が返ってきました。

 

近くの者同士で、ペットボトルを3本ずつ集めさせて、約1kgの重さを体感させました。

 

持ってきた大きなペットボトル1Lの水、牛乳パック1Lの水が、同じ1kgということを教えました。

10Lのペットボトルも持ってきていたので、クロスバイクと同じくらいの重さだ、ということも体感させました。

 

「この1kgと同じだと思う重さの物を、学校中から探してごらん。」

と言って見ていると、ほとんどの子が石を持ってきました。

 

持ってきても「はかり」がないので、

明らかに重いものと軽いものは、みんなの前で持ち比べてみて、1kgじゃないね、という体感で確認するしかありませんでした。

 

過去の隊員が残していった体重計が1つだけあったので、それも持ってきていました。

みんなは初めて見る様子で注目しました。

「これで授業は終わりだから、自分の体重を測ってみたい人は、休み時間ここに残ってね!」

というと、

おそらく全員じゃないでしょうか、みんなが体重をはかりに残ったのです。

 

きっと今まではかったことが無かったはずです。慣れていなく、リュックを背負ったまま乗る子がいたので、おろすように言いました。

f:id:yuta7watanabe:20190124233208j:image

自分の重さを知ったみんなは満足そうな顔をしていました。