自分道じぶんどう

アフリカは、セネガル。青年海外協力隊。

107 野球入門

先日、野球教室を小学校で行いました。


f:id:yuta7watanabe:20190129055159j:image

f:id:yuta7watanabe:20190129052132j:image

 

私は「小学校教育」隊員で、算数メインの活動ですが、

私のいる街から3時間ほど離れた地域の「体育」隊員が、野球教室を企画したので参加しました。

 

セネガル隊員約50名のうち、野球、ソフトボール経験者中心に6人が協力して開催しました。

 

小学校2校2クラスで行い、時間は90分間で、それぞれ回りました。

 

セネガルでは、首都の大きなスポーツショップでも野球道具が売られているのを見たことがなく、グローブやバットを地方で見かけるのは、かなりレアです。

 

みんなの持っている道具をかき集めて、

バット3本、グローブ約20個、テニスボール約40個を用意しました。

予想以上に集まりました。


f:id:yuta7watanabe:20190129060313j:image

f:id:yuta7watanabe:20190129055351j:image

 

グラウンドはそれなりの広さがありましたが、ふかふかした砂。バウンドしない環境です。

 

私達は、野球の楽しさにつながる部分、

「打つ」「投げる」「捕る」にしぼって、

運動を考えました。

キャッチボールとTバッティングをメインに、触れたことのないグローブとバットを体験してもらいました。

 

担任の先生方に、伝わらない細かな部分を伝える手伝いをしてもらいながら、

子供達が楽しく、教える方もそれ以上に楽しくできました。

 

日本の子供達に比べて経験値が少ないのに、

ボールにバットを当てるのが上手い、捕るのが上手い、など運動センスに溢れていました。

1つの学校に普段集まらない数の先生が集まったからできたことでした。

 

目の前で、教えたことをどんどん吸収して、上達するのが子供の凄さだと、体を使う運動だからこそ伸びがよく分かりました。

f:id:yuta7watanabe:20190129055400j:image

休み時間に入り、最後は有志で遠投大会をして盛り上がりました。みんな、肩がいい!