自分道じぶんどう

アフリカは、セネガル。青年海外協力隊。

109 かもさばく

隊員仲間が卵から育てた鴨2羽を、生きたままもってきてくれました。

産まれてから5ヶ月目の鴨です。

 

命を頂きました。

 

セネガルに来て、羊、豚をさばく様子を目の前で見ました。

肉を食べることのできる裏側で、こんな事が行われているのか、と頭では分かっているけど、目の当たりにすると、かなりのインパクトがあります。

 

今回は、さばき方を知っている仲間に教えてもらい、自らさばいてみました。

 

生きている鴨の首と体を押さえ、

のど辺りの羽をむしります。

 

食道の下に頸動脈(けいどうみゃく)があることを確認し、

ナイフで切りました。

 

切った後、しばらくの間、鴨は動いていました。

血が大量に出ると、動かなくなります。

 

鍋にお湯をはって、鴨の体をつけました。

すると、羽がむしりやすくなりました。

毛穴が広がるからだそう。

 

手作業で、ほとんどの羽をむしり終え、

包丁で肉を切り分けていきました。

 

内臓を取り出し、食べられるレバー、ハツ(心臓)、砂肝に分けました。

 

体の肉を、もも肉、むね肉に切り分けました。

 

あとは、調理です。

鴨は、レアで仕上げ、きれいなピンク色の鴨肉を頂きました。

 

身をもって命を学んだという感じです。

ありがとう、の気持ちが、作業中、頭にありました。


f:id:yuta7watanabe:20190205051721j:image

f:id:yuta7watanabe:20190205051709j:image

食べたときに思ったこと。

それは、生きているなぁ、っていうシンプルなことでした。

 

さばいて良かった。