自分道じぶんどう

アフリカは、セネガル。青年海外協力隊。

111 ンゲンテ、後編

セネガルで「ンゲンテ」とは、赤ちゃんの命名式のことです。

 

朝から夕方まで開かれた式の中で、命名が行われるタイミングに会場にいたのは男性陣のみでした。

 

女性陣は、この間、料理をしていました。

セネガルでは、家の中の仕事がはっきりと分担されています。

ホームステイのときに分かりましたが、掃除や料理は、女性の仕事というのが一般的です。

 

「奥で料理してるから、見てきなよ!」

と言われたので、見学させてもらいました。


f:id:yuta7watanabe:20190210201958j:image

f:id:yuta7watanabe:20190210201950j:image

デカイ鍋が何個もあって、大量の料理を作っていました。

かき混ぜるおたまを持たせてもらいました。

もはや、力仕事でした。

子供達もいて、人がごった返していました。

 

午前のご飯を作り終えるとすぐに、昼ご飯の準備です。


f:id:yuta7watanabe:20190210202346j:image

f:id:yuta7watanabe:20190210202336j:image

とんでもない量の米をといで、炊いていました。炊くときに、真ん中に唐辛子を置いているのを発見しました。

f:id:yuta7watanabe:20190210202701j:image

完成品はこちら。

油が大量投入されていますが、美味しいメニューです。手づかみでいきました。

 

朝全然見ることができなかった、メインの赤ちゃんを見に行くと、胸に抱かせてもらえました。

主役に会えて、満足です。

 

式は、いつの間にか始り、赤ちゃんへ命名、待ち時間、そして飯、待ち時間、また飯、休憩、といった流れで終わりました。

 

式は、ゆる〜く進んだけど、赤ちゃんのためにこれだけの人が集まり、動くということが分かりました。

赤ちゃんの新しい命を重んじる儀式なのだと感じました。

f:id:yuta7watanabe:20190210203902j:image

食事後の男だけのトランプ。トランプで遊ぶこと、持っていたことが意外でした。

そして、展開が早すぎて、遊びのルールが掴みきれませんでした。

 

1人の人が対戦成績表を書いていて、

「お金を賭けているの?」

と聞くと、

「お金は賭けていない。順位をつけているんだ。」

と、純粋に勝負を楽しんでいました。