自分道じぶんどう

アフリカは、セネガル。青年海外協力隊。

127 あっちこっち

セネガルでは3学期が始まりました。

日本は春ですね。セネガルは40℃が続きます。

 

休み明け初日は、休む子供が多いかなぁと思っていましたが、そんなことはなく、

いつもと変わらずの小学校でした。

 

春休みに、セネガルのあちこちに行った時に、新たに見た、乗った、乗り物がありました。

 

いつも乗り慣れているタクシーもボロボロのものに当たることがあります。

f:id:yuta7watanabe:20190409034834j:image

長距離移動の時には、このようなボロボロの車は避けたいです。

ただ、選べない時がほとんどです。

パンクすることは多く、速さのメーターが動く車はほとんど見ません。

この車は、染み付いた「におい」が強烈でした。

 


f:id:yuta7watanabe:20190409035032j:image

f:id:yuta7watanabe:20190409035014j:image

初めて乗った大型バスです。

中の作りが割としっかりしていたので、乗り心地に安定感がありました。

沢山の人が乗り降りするので、物売りも多いです。

 


f:id:yuta7watanabe:20190409035318j:image

f:id:yuta7watanabe:20190409035328j:image

「カール」と呼ばれる乗り物です。

混んでいると、中はギュウギュウ、べったり隣の人とくっついて座ります。

小刻みに、地域ごとに乗り降りを繰り返すので、目的地まで、かなり時間がかかりました。

長距離移動は、しんどいです。

 

f:id:yuta7watanabe:20190409035443j:image

荷物用の乗り物です。

バイクの後ろに荷台がついている乗り物で、一部地域に多く見られました。

 

f:id:yuta7watanabe:20190409035645j:image

セネガルの地方で、よく使われる「ジャカルタ」と呼ばれるバイクです。

JICA(ジャイカ)では、バイクタクシーの利用禁止されています。

これに乗ることはありませんが、セネガルではメジャーな移動手段です。

 

f:id:yuta7watanabe:20190409035913j:image

人が溢れていると、セネガル人は溢れながらも乗っています。

 

ほとんどが砂道を走る乗り物。

環境が厳しいため、ボロボロです。

セネガル人は、とことん修理をして使っています。

 

私が履いている(日本から去年8月に新品で持ってきた)ズボンも、環境が厳しいため、

尻部分に数カ所、穴が空きました!

セネガル人に習い、できる限り修理して使ってみます。