自分道じぶんどう

アフリカは、セネガル。青年海外協力隊。

128 辞書なし

小学校では、物が不足しています。

 

ノートに字を書くとき用に、みんか1本くらいはペンを持っているのですが、

どれもインクがほとんど空です。

 

よく字が出ないときは、ペン先を口で吸って、インクを出すようにしています。

対処としては、微妙ですが、分からなくもないです。

それでも全然出ないので、よく貸し借りしています。

 

日本の小学校では使う「辞書」。

セネガルでは、辞書を使うことはありません。

まず、辞書があるのを見たことないです。

 

子供は、現地語のウォロフ語は話せても、フランス語は小学校から習い始めるので、ほとんど話せません。

 

話せないのに、授業では、先生が(私にとっては)めちゃくちゃ速いフランス語で、子供にフランス語を教えています。

 

私もフランス語を習い始めてからちょうど1年が経ちましたが、なかなか聞き取れません。

 

そんな中、1年生や2年生の小さい子が、先生が話す速いフランス語が聞き取れているのです。

何を言っているかが、私よりもはるかに分かっているのです。

 

辞典なしで!

 

辞書がない、言葉の意味を調べる方法がない、

そんな中で、子供達がフランス語を吸収する方法は、1つです。

 

耳で聞く。

 

それしかないのです。

 

このことから分かることは、辞書がなくても毎日(ものすごい量の言葉を)聞いていれば、話せない言葉でも理解できる、ということです。

 

信じられないことのようで、目の当たりにすると、信じるしかありません。

人の仕組みってすごい。

 

 

地方へ出てみると、そこにしかない限定品があります。


f:id:yuta7watanabe:20190412044039j:image

f:id:yuta7watanabe:20190412044050j:image

カシューナッツが盛んな地域に行きました。

こんな風に実が成っているのも、初めて見ました。実はジューシーで、甘酸っぱいです。

のどが酸っぱさでやられるほどの酸味です。


f:id:yuta7watanabe:20190412044110j:image

f:id:yuta7watanabe:20190412044101j:image

左、カシューナッツ

右、ココナッツとショウガ。

私の住む所では売ってません。


f:id:yuta7watanabe:20190412044737j:image

f:id:yuta7watanabe:20190412044746j:image

セネガル料理もローカル飯があります。

初めて食べる「うまいもん」が地方に隠れています。

 

日本と同じだ。