自分道じぶんどう

アフリカは、セネガル。青年海外協力隊。

129 バナバナ

首都に多いのが、「バナバナ」。

 

バナバナ = 街中で物を売り歩いている商人

のことです。

 

地方でもたまに見かけますが、

圧倒的に首都に多いです。

 

特に、渋滞しやすい道路脇にたくさんいて、

大量の在庫を一気に持って、

主にタクシーの窓越しに物を売っています。


f:id:yuta7watanabe:20190416050149j:image

f:id:yuta7watanabe:20190416050138j:image

 

今まで見たものには、

水、つまみ(落花生が多い)、お菓子、果物、ティッシュ、小物(キーホルダー系)、サングラス、洋服(Tシャツ、ズボン、スカーフ)、CDなどがあります。

 

個人的に興味があるのは、CDです。

タクシーでよく流れているアフリカ系の音楽が収録されているはず。

 

他には季節の物で、

クリスマスの時期には、

パーティグッズを売り歩くバナバナもいました。

大量の在庫を持ち歩いているので、キラキラした小物を全身にまとった「歩くツリー」でした。

 

バナバナは、こちらが興味を示さなければ、しつこく売り迫ってくることはありません。

f:id:yuta7watanabe:20190416050208j:image

幹線道路の中央分離帯にいることもあるので、

どこでも、物を売ります。

 

首都に行くと目に入る光景なので、

どんな特殊なものが売っているか、

新発見を期待して眺めています。


f:id:yuta7watanabe:20190416050402j:image

f:id:yuta7watanabe:20190416050348j:image