自分道じぶんどう

アフリカは、セネガル。青年海外協力隊。

137 3つのだめ、ラマダン

セネガルに来てから、最高気温記録45℃を体験しました。

 

予報で、はじめ47℃となっていましたが、

最終的には、45℃に落ち着きました。

まぁ、落ち着いてはないですね。

ここまできたら、もう怖いもの見たさで、どこまでいくの?という感覚になってきます。

 

45℃というと、35℃から10℃も高いので、とんでもない暑さです。

道は、砂・砂・砂なので、熱をためこんでいます。

靴底が熱くなりすぎて、止まってはいられません。

 

そんな中、ラマダン、断食は続いています。

45℃は関係ありません。

 

同僚(女性)

ラマダン中は、守らなくてはならないことがいくつかあるの。

 1 食べ物を口にしちゃだめでしょ、

 2 水を口にしちゃだめでしょ、

 3 争いをしちゃだめでしょ などなど、守ることがいくつもあるの。」

という説明を受けました。

 

その日の夕方に、ケンカしている人達を発見しました。個人差はあります。

 

学校には、扇風機1つとして付いていない教室がある中、

先生、子供はいつも通り過ごします。

 

断食期間は、

いつもより授業が1時間長くなり、8時〜14時になりました。

その分、夕方の授業がなしになっています。

 

夕方の授業がなしになるのは、毎日、断食時間が終わったときの夕飯を作る時間を確保するからだそうです。

  

断食時間は、

朝5時45分 〜 夕19時45分 と聞きました。

かなり長いです。

 

断食で、とことん苦しんでいる様子の人はまだ見かけていません。

私はというと、

人目のない木陰で、さっと水を飲んでいます。

 

 

セネガルの店では、たまに掘り出し物が見つかります。特に、日本の商品です。

小瓶250mlキッコーマンの醤油です。

プチサイズなのに、1本5000フラン(1000円)しました。

左、刺身醤油は、日本の味に近いです。

右、砂糖醤油は甘く、セネガル向けの味です。

外国人向けに作られたということが、味をみて分かります。

f:id:yuta7watanabe:20190514063133j:image

高くても買ってしまうことから、日本の味が体に染み付いていることも分かります。