自分道じぶんどう

アフリカは、セネガル。青年海外協力隊。

141 教育週間

今週はセネガルの「教育週間」

 

「大臣が出席する教育週間の開会式がルーガであります」

と聞いたのが、2週間ほど前。

イベントが急に降ってきました。

 

ルーガは私の住む街です。

 

開会式では、JICA(ジャイカ)で教育ブースを出店するというので、今日のため隊員が10人集まりました。

 

セネガルでは、イベントや行事などの情報が、じわじわと噂のように広がる、という現象が起きます。

 

「20000人来場するらしい!」

サッカー場を貸し切りでやるらしい!」

みたいな大事な情報が、徐々に明らかになっていくのです。

f:id:yuta7watanabe:20190528041841j:image

立派なサッカー場ですが、普段はほとんど使われていません。

 

イベント当日あるある。

イベントは、時間通りには始まらず、

人が結構集まったなぁ、と思うと緩やかに始まり、予定していた時間になると緩やかに終わる。

というように、いつに始まり、いつ終わったか、はっきりしない感じがあります。

今日もそうでした。


f:id:yuta7watanabe:20190528043718j:image

f:id:yuta7watanabe:20190528043731j:image

サッカー場だけ見ると、栄えている街を想像しますが、局地的にこの敷地内だけ整備されています。

 

私たちは、

算数、理科、図工の実践を教育関係の人たちや子供たちに向けて発信しました。

f:id:yuta7watanabe:20190528042415j:image

テントの1つが私たちのブースです。


f:id:yuta7watanabe:20190528042751j:image

f:id:yuta7watanabe:20190528043725j:image

私のメインは算数です。

f:id:yuta7watanabe:20190528075858j:image

算数の力が、実生活に結びついていない事が課題と考えたので、

「具体的な物を使った子供に分かりやすい教え方が大切ですよね。」

というメッセージを伝えました。


f:id:yuta7watanabe:20190528042813j:image

f:id:yuta7watanabe:20190528042800j:image

セネガルの物で作れる教材の紹介をしました。日本の物も見せました。

 

日本人のメッセージを受け取ってくれる人がいた、ということが嬉しい収穫でした。