自分道じぶんどう

アフリカは、セネガル。青年海外協力隊。

149 歯医者

5月に抜けた自分の銀の被せ物をもって、歯医者へ行きました。

 

地方に住んでいる私のような隊員は、基本、首都のダカールへ行くタイミングで治療を受けます。

私の家から首都行くのに、3時間半〜5時間(渋滞の具合で変わる)かかるので、気軽には通えません。

 

セネガルの歯医者は初めてなので、先生の「技術」が気になっていました。

 

首都の中心部、一番栄えている地域の路地を入り、マンションの階段を上がり、2階にある外からは歯医者とは分からない、何も書かれていないドアを開けて入りました。

 

入ってみると、

おお!

 

日本と同じように、白を基調とした清潔感のある部屋が現れました。

セネガル人の受付の人がいて、穏やかな声で、

「こちらへどうぞ。」

と待合室に案内されました。

きれいなイス、テーブル、大きなテレビ、ウォーターサーバー

セネガルでは見慣れない光景でした。

歯のアートは、カラフルでおしゃれでした。


f:id:yuta7watanabe:20190625044441j:image

f:id:yuta7watanabe:20190625044449j:image

時間通りに呼ばれ、これまた日本と代わりない、きれいな治療室に入りました。

 

主治医は男の先生で、日本人かなと思う見た目で、きれいなフランス語で丁寧に話しかけてくれました。さらには、私の拙い言葉を耳を傾けて、聞き取ってくれました。

 

銀歯を渡すと、すぐに治療が始まりました。

1回はめようとすると入らなくて、

「いつ取れましたか?」と聞かれたので、

「5月です。」と言うと、

「2、3日の間じゃないと、歯の間隔が変わって入らないんです。だから、白い被せ物をしますね。」

と言われて、ものの30分で全ての治療を終えました。速い!

 

治療が終わって、

「どこの出身なんですか?」と聞くと、

「中国とマダガスカルのハーフです。」と教えてくれました。

 

私は、(ここに来れただけでもなんだか気分が良くなった。)と思った対応の先生でした。

初対面で、(また会いたいなぁ)と思わせる人の接し方は、勉強になります。

そして、助手の方=受付の人の対応も素敵でした。

 

虫歯はないって言われてすぐには必要ないけれど、また通いたいと思った歯医者体験になりました。