自分道じぶんどう

アフリカは、セネガル。青年海外協力隊。

150 円を切る

2年生の先生に、

「円を「描く」ことを教えた後は、円を「切る」ことを教えるよ。」

と言われました。

 

前に、円を描くことは、

円い形の物の輪郭をなぞって、写し取る方法で教えました。

 

円はどうやって切るのか、と思って先生に聞いてみました。

「はさみは、全員持ってます?」

「持っていないよ。」

 

「じゃあ、子供たちにはどうやって円を切らせるんですか?」

「こうやってやるんだよ。」

と見せてくれた方法が、

書いた円の線にボールペンでガリガリとあとを付けて切り取る方法でした。

 

その発想があったか!と思いました。

 

はさみは、60人分も用意できないので、教えてもらった方法で教えてみようと、準備しました。

 

子供の作業は、

1 円を描く(円い物をなぞって、円を写し取る)

2 ボールペンでガリガリして跡をつける

3 手でペリペリと円を切り取る

です。

 

子供たちは、白いコピー用紙を配ると、うれしそうにしました。

普段、白い紙は使わないからです。

私にとっても、買った貴重な紙なので、A4の紙を4枚に切って数を増やして節約して配ります。

この場合、裁断機はないので、カッターボードを敷いて、カッターで地道に切ります。

 

楽しい活動につなげるために、3までが丁寧にできたら、

4 円を2つ折り、4つ折り、8つ折りにする

5 折り目ごとに色をぬる

6 完成した円を、のりで模造紙に貼る。

という流れにしました。

 

物を使う授業をして思うことは、「物を用意するハードルの高さ」です。

円を描くためのコピー用紙、色鉛筆、模造紙、のりなどは、日本のように学校にないからです。

今まで見てきたセネガルの先生はほとんど物を用意していませんでした。

 

コピー用紙、模造紙は買わないとありません。

色鉛筆は、過去の落し物がありましたが、バキバキに折れていました。

鉛筆削りがなかったので、使える色鉛筆を回して使いました。

のりは私の持っていたスティックのり1本で、全員使って1日で無くなりました。

 

物の用意という事情が大人にはありますが、子供たちには関係ありません。

子供からしたら、「物があった方が良い。」それだけです。 

物の支援のバランスについても毎度考えさせられます。

 

みんな、楽しそうに作業していました。

大勢で1つの物をつくる経験はめったにないので、経験の1つとして今回の授業は良かったです。

できたあとは、教室のどこに貼るかみんなで考えて、貼りました。

f:id:yuta7watanabe:20190627222132j:image

2回円を切っても、上手くいかない子がいました。

3回目うまく切れたときはとても満足そうに笑いました。

不器用なのは、経験不足なだけです。

 

みんなの円、はさみを使ってないのに、上手に切れています。