自分道じぶんどう

アフリカは、セネガル。青年海外協力隊。

152 どろ

違和感を感じながら、目を覚ましました。

時間は朝の4時過ぎ。

違和感の正体は、音でした。

それは、雨の音です。

 

10月ぶりのまともな雨が降りました。

いつもならそのまま2度寝しますが、わざわざ起きて、窓の外を見ました。

 

それくらい久しぶりでした。

 

これから「雨季」が始まるという合図です。

季節の変化がはっきりとはなかった乾季は、時間の流れがゆっくりに感じました。

 

9ヶ月ぶりのまともな雨が、頭の中で違和感と感じて、目を覚まさせたのです。

20分くらい降って止みました。

ちょっぴりうれしい気持ちになれました。

 

 

最近、友達が、

「羊を2匹、どろぼうに盗られたんだ!」

と言ってきました。

聞いてみると、

「家の近所も合わせると、5匹盗まれたんだ。タバスキが近いからだよ。あ〜」

と嘆いていました。

yuta7watanabe.hatenablog.com

 

タバスキは、「羊」を神に捧げる祭りです。

 

セネガル人は、その祭りのために羊を用意します。

羊を大量に引き連れている商人がいて、

その人たちから羊を買います。

 

計画的な人は、子供の羊を買ってタバスキまで育てます。

 

祭りが近くなってくると、羊泥棒が増えるらしく、それで盗まれたというわけです。

 

前にその友達は、

「これ家の羊だよ。」と洗ったあとの真っ白い羊の写真を見せてくれました。

きっとその羊を大事にしていたはずです。

なんだか可哀想でした。

 

 

 

野生の猿をセネガルで初めて目撃しました。

猿は、東京都檜原村や長野県駒ヶ根市にもいましたが、顔つきが違っていました。


f:id:yuta7watanabe:20190704184332j:image

f:id:yuta7watanabe:20190704175950j:image

日本の猿のような赤ら顔でなくて、ライオンキングに出てくる感じのアフリカン猿でした。