自分道じぶんどう

アフリカは、セネガル。青年海外協力隊。

159 マリアージュ

マリアージュとは、結婚のことです。

 

セネガルは、一夫多妻制です。

 

男性で、奥さんが2人、3人いる人は多いです。

MAXは4人まで奥さんをもつことができるそうです。

 

前に1度だけ4人の奥さんをもつ男性と会いました。

子供が12人いると言っていました。

子沢山な家庭はたくさんあります。

 

「結婚しているのか?」

は、あいさつがてら、よくされる質問です。

「していない。」

と答えると、

「よし、俺が紹介してやろう。」

と大抵の男性は言ってきます。

 

その場にいる女性を、

「どう思う?この子、どうよ?」

と言われることもよくあります。

 

そんなとき、

「いいねぇ!」とノリで言うのも、

「う〜ん、機会があれば!」と言うのも、

どちらにせよ、なんだか良い反応はされないし、相手の気分を害している気持ちがしてしまいます。

いつも変な感じになります。

 

セネガル人男性は、日本人女性に興味がとてもあります。

「俺の第2婦人として、日本人女性を紹介してくれ。」

というセリフを何回聞いたか分かりません。

 

昼ご飯を食べに、セネガル人の友達の家に訪ねたときです。

人だかりができていたので、すぐにイベントだということが分かりました。

 

結婚式でした。

 

「弟の結婚式が今日なんだ。」

と言われました。

新郎は、友達や親戚、近所の人と、ござの上でおしゃべりをしていました。

 

新婦はどこか外周りに行っているようで、周りのみんなは新婦が戻ってくるのを待っていました。

待っている間に、昼ご飯を食べました。

 

昼ご飯を食べ終わってしばらくすると、

全員がその家の敷地内で、歌や踊りを踊りはじめました。

会場は、テンションが高く、ライブ会場です。ほとんどが女性。

f:id:yuta7watanabe:20190730053137j:image

すると、外回りを終えて帰ってきた新婦が登場しました。

 

行事やイベントの際、女性はとっておきの化粧をします。

セネガル式は、まゆげをこれでもかと、濃く書きます。

劇画チックの漫画です。

 

新婦が合流して、ひとしきり歌や踊りを踊っていました。

 

その後、新郎と新婦が私が休んでいた部屋に入ってきて、写真を撮りはじめました。

新婦はいつもよりもゴージャスな服をまとっていますが、新郎は普通のポロシャツを着ていました。

このギャップはなんなのだろう、と全く分かりませんでした。

 

「22時くらいまで続くんだ。見ていったら?」

と言われましたが、帰ることにしました。

 

帰ろうとすると、外で休んでいた男性陣が、

「これから2回目の昼ご飯があるんだ。食べていきな!」

と言ってきました。

お腹パンパンだったので、

「また来るね。」

と言って、やはり帰ることにしました。

 

赤ちゃんの命名式「ンゲンテ」同様、結婚式は、待ち時間が長く、スケジュールがはっきり決まっていませんでした。

 

yuta7watanabe.hatenablog.com

 

 

yuta7watanabe.hatenablog.com

 

みんなで楽しく過ごすことを第一に考えているような雰囲気があったので、リラックスして参加できる結婚式だと感じました。

 

途中参加でしたが、楽しい雰囲気を味わうことができました。

 

先週、1年次の中間報告会がありました。

活動の発表で、同期隊員の活動の意気込みを感じ、私はやる気が出ました。

f:id:yuta7watanabe:20190730054441j:image

1年前は想像できなかった今の立ち位置。

今、立っている場所は、1年前の自分には見えなかった場所です。

私は、1年後の立っている場所が楽しみです。