自分道じぶんどう

アフリカは、セネガル。青年海外協力隊。

167 作業部屋

月曜日の朝は、学生(これから先生になる人たち)が、教員養成校の庭へ集まって、国旗掲揚をします。

国歌の最後のところで、国旗がちょうど上に行くようにスルスルと上げていきます。

f:id:yuta7watanabe:20190827063251j:image

天気が良いと澄んだ気持ちになります。

 

去年新しくなった建物ということで、私はきれいな部屋を与えてもらっています。

f:id:yuta7watanabe:20190827063353j:image

自分の部屋があることが、はじめは普通と思っていたのですが、隊員の中には、共同部屋を使っている人もいます。

贅沢なことだと今では分かります。

 

最近、カーテンを付けてもらって、直射日光が当たらなくなりました。


f:id:yuta7watanabe:20190827063639j:image

f:id:yuta7watanabe:20190827063726j:image



天井には、セネガルの小学校の教室にも付いていることがある、大きな扇風機がついています。

f:id:yuta7watanabe:20190827063828j:image

窓が1つありますが、入ってくる少しの風は、温風です。

その温風を大きな扇風機がかき混ぜるので、生ぬるい風が循環します。

生ぬるいですが、付けていないよりマシです。なので、扇風機を常に動かしています。

停電になると、ピタッと風が入らなくなって、汗が浮き出てくるのが恒例です。

 

 

養成校の管理職。

学長、副学長の部屋には、セネガルではレアな、エアコンが付いています。

 

エアコンのある部屋では、設定温度が異常に低く設定してあるのが基本です。

部屋をキンキンに冷やす傾向があります。これは、セネガルあるある。

 

私のお世話になっている職員の部屋は、設定がいつも16℃です。

f:id:yuta7watanabe:20190827063820j:image

たまに入るキンキンの部屋が、ノドが乾いた時のビールのような存在です。