自分道じぶんどう

アフリカは、セネガル。青年海外協力隊。

171 バオバブ

部屋の中が暑くてじっとしていられず、衝動的に、伸びた髪を切ろうと思いました。

今まで一部しか切ったことのない髪を、後ろ髪まで切ってみました。

どんどん軽くなる髪が楽しく、調子よく切っていました。

 

その流れで、前髪をシャキと切り落としてしまいました。

前髪はなくなりましたが、すぐに、涼しいからいいや、と思いました。

 

涼しさ優先で生きています。

 

 

 

私が海外で働いてみたいと思ったきっかけは、5年前、久しぶりに行った海外旅行でした。

その旅行から帰ってから、「世界の絶景・秘境100」という本を買いました。

本に載っていた景色の1つに、アフリカの「バオバブ」の木がありました。

その頃、毎日、世界の絶景を写真で眺めていました。

f:id:yuta7watanabe:20190910061327j:plain
f:id:yuta7watanabe:20190910061501j:plain

 

セネガルバオバブの木を見るまで、その本で見たバオバブの木のことはすっかり忘れていました。

 

セネガルには、バオバブの木がたくさんあります。

バオバブの実は、ジュースにして、よく売られています。

住んでいる人にも身近な存在です。

 

バオバブは幹が太く、力強く根を張って、どしっと構えています。

まさしく、自然の力強さを体現しています。

土地は乾燥して枯れていても、木の根はしっかりと自分を支えています。

 

アーティストが描く絵にバオバブが描かれていたり、企業のロゴとして描かれていたり、至るところで目にします。

 

f:id:yuta7watanabe:20190910061504j:plain
f:id:yuta7watanabe:20190910061609j:plain

私が描いたガラス絵にも、バオバブを選びました。

yuta7watanabe.hatenablog.com

 

街中に生えているとてつもなく太いバオバブがあります。

道のど真ん中にもかかわらず、木はそのままです。

木がつくった日陰は、みんなのいこいの場になっています。

 

f:id:yuta7watanabe:20190910061527j:plain
f:id:yuta7watanabe:20190910061540j:plain

 

何も語らない不動のバオバブを見て、私は、勝手に力をもらっています。