自分道じぶんどう

アフリカは、セネガル。青年海外協力隊。

172 ダカール大

セネガルの大学数は日本と比べてとても少なく、公共の大学は国内に数ヶ所しかありません。

私立の大学の多くは首都のダカールにあり、地方にはほとんどないのが現状です。

 

セネガルでトップクラスの大学と言われるのが、

ダカール大学シェー・アンタ・ジョップ」です。

f:id:yuta7watanabe:20190913045247j:image

シェー・アンタ・ジョップとは、人の名前です。

セネガルの小さな村出身の男性で、アフリカ、アラブ、イスラム、ヨーロッパの文化に関する幅広い分野の発展に貢献した偉人だそうです。

 

セネガルに留まらず、アフリカの中でもトップクラスと言われている大学です。

国内に限らず、アフリカの各国から移り住んで、大学へ通う人も多いようです。

 

外側から見たことしかありませんでしたが、初めて内側に潜入することができました。

知り合いのつてで、コンゴ人の学生と話をすることになったので、校内を案内してもらいました。

f:id:yuta7watanabe:20190913045349j:image

その方が普段活動をしている部屋があるというので、連れていってもらいました。

とっくに大学の外に出たんじゃないか、と思うくらい歩いたのですが、まだまだ大学の敷地内が続いていました。

 

その中には、学生が住んでいる大きな寮がいくつもありました。

寮の部屋数はとても多く、洗濯物が壁に吊るされたロープにぎっしり干されていて、アートになっていました。

f:id:yuta7watanabe:20190913045424j:image

 

その方は、工学を専門としているそうで、今仲間で組み立てているという自主作製の「車」を見せてくれました。

 

部屋のホワイトボードには、理解不可能な暗号が書かれていました。

車を0から作っているところに感心。

楽しく学びを追究しているところがさすがです。


f:id:yuta7watanabe:20190913045512j:image

f:id:yuta7watanabe:20190913045521j:image

ガゼルのロゴが入っていました!

 

 

しかし、それ以上にすごいと思ったことがあります。

それは、

 

コンゴ人の学生は、日本語がペラペラ】だったことです。

 

大学の入り口からずっと会話は日本語でした。

こちらが話しかける日本語をよく聞き取っていて、話す言葉は、つまることなく流暢でした。

 

どうやって覚えたのか聞いてみると、

「日本のアニメ好き」というのが大きく関わっていました。

かれこれ10年くらい見ているそうです。

 

彼は、私が知らない好きなアニメをいくつも挙げていました。

 

また、時代が昔の設定の作品を見るときが楽しいと言っていました。

どこに、楽しさを感じるのか聞くと、

「昔と今では、言葉づかいが違います。昔の言葉づかいを知ることは楽しく、そして、勉強になります。」

と言っていました。

 

そんな視点で作品を見ていることは衝撃でした。

とても知的で賢いコンゴ人の学生に刺激をもらって、ダカール大学のことをほんの少し知ることができました。

 

また訪れてみたいと思う場所でした。