自分道じぶんどう

アフリカは、セネガル。青年海外協力隊。

182 タリべ

セネガルで「タリべ」と呼ばれる少年たちが住んでいる。

この少年たちは、朝、外へ出た時に必ず顔を合わせる。

 

セネガルに全国的に存在するのがタリべと呼ばれる子供たちだ。

初対面の場合、「お金が欲しい。」と言って近づいてくる。

 

タリべとは、

イスラム教の神聖な書物「コーラン」を学ぶ学校に通っている子供たちのことをいう。

マラブー」と呼ばれるイスラム教の指導者がいて、「ダーラ」と呼ばれる学校でコーランを教えているらしい。

 

学校の実態は分からないが、虐待や物乞いの強要など様々な噂が蔓延している。 

この学校は、一般的な小学校とは違い、コーランの暗唱のみ行われるようだ。

 

見た目に特徴があるのが、タリべである。

ぼろぼろの服を来て、中にはサンダルすら履いていない子もいる。

手には、元々は食べ物が入っていた小さいバケツ型の容器を持っている。

 

タリべは、親元を離れ、集団で生活をしている。

お金を集めることは彼らの活動の1つで修行の一環と言われているが、指導者が課したノルマがあるという噂もある。

 

朝7時くらいに彼らを見かけ、露店のパン屋で、パンのかけらをもらって食べている光景を見る。

砂糖を小分けに袋に入れて、タリべに配っている家庭もある。

昼は、一軒家や店を周って、各家のセネガル料理を、持っている容器によそってもらっている。

夜は、彼らは宿舎に戻るのか、外で見かけることはない。

 

 

彼らは、いつも集団で行動している。

読み書きを習っていないので、文字は分からないが、セネガル母語であるウォロフ語は話すことができる。

そして、よく街で使われるようなフランス語を口にする子も多い。

 

私と顔を合わせ、顔馴染みになっている子は、私の名前を呼んでくれる。

そして、私もできるだけ名前を覚えようと、名前を尋ねる。

お金をねだられることは、来たばかりの時は特に多かったが、顔馴染みの子からはほとんど言われなくなった。

お金をあげるとキリがないので、お金はあげないことにしている。

たまに、持っている食べ物や飲み物をあげることはある。

炎天下で、水すら飲めていないところを見ると、やらずにはいられない。

 

セネガルにおいて、一番たくましい存在といってもいいと思う。

親と毎日顔を合わせることはない。親から捨てられた子供もいると聞く。

食料は自力で集めている。拾ったペットボトルのキャップでサッカーをしている。

お金の次に、ボールを欲しがる。

ケガをしていてもへっちゃらという感じで、手にできる物が少ない環境でも、明るく生きている。

 

今のままで良いとは思わないが、そのたくましさには感心している。

衛生面だけでも良くなったらと思う。多くの子が傷口から感染したのか、皮膚の病気になっている子が多い。

 

数えきれないほどの多くのタリべと呼ばれる子供たちが暮らしている。

街の人はまとめて「タリべ」と呼ぶことが多く、個人のだれだれ、という捉え方をしていない。

家族と生活している人とタリべの生活には大きな壁があるように、私には見える。

 

昔からの根深い歴史が関わっていて、セネガル全土に広がっている問題である。

 

 

 

f:id:yuta7watanabe:20191018045627j:plain

ヤギたちが自由に歩く。体の模様は無限にある。