自分道じぶんどう

アフリカは、セネガル。青年海外協力隊。

186 に、ずつ

数字。

 

セネガルの子供たちが生活の中で、「数字」を目にすることは、日本に比べてとても少ない。

 

 

買い物をする時、日本でスーパーにいけば、商品に必ず値札がついている。

それを見て、「500円持っていたら、〜を買える。」みたいな計算をする。

 

街のマルシェ(市場)では、野菜が大量に並べられているが、値札は一切ついていない。

買う時に全部値段を聞いて買うことになっている。

さらには、昼間、市場に来て野菜を売っているおばちゃんたちは、数字をウォロフ語で話す。

小学校の算数ではフランス語の数字しか使わない。

 

買い物する時の、数字を見る・聞く経験が、とても少ないのである。

 

 

 

セネガルの学校では、習う数字の範囲が日本とは違う。

 

セネガル:1年生「0〜20」、2年生「20〜100」

 

日本:  1年生「0〜100」、2年生「100〜10000」

 

低学年だと、大きく範囲が違う。

 

 

セネガルの2年生の教科書を見てみると、

「21・22」、「23・24」、「25〜29」、「30〜34」

というように、習う数字が細かくページごとに分けられている。

 

はじめは2ずつ、途中から5ずつの数字を学ぶという意味だ。

 

「今日はこの2つの数字だけ」

と、教える数字が2つ、5つとかいう風に決まっている。

 

教える先生によっては、5ずつ教えないで、しばらく2ずつ教えていく人もいる。

 

日本の感覚からすると、すごく進みが遅く見える。

f:id:yuta7watanabe:20191101002807j:plain
f:id:yuta7watanabe:20191101002908j:plain

このページでは、

フランスの教科書(緑)は何冊ありますか? →22冊

算数の教科書(黄)は何冊ありますか?   →21冊

 

という問題から始まる。

 

今日、21と22を勉強したから、明日、23と24を勉強することが分かる。

毎回、答えがその日の数字だけで、簡単に分かるので、

(子供たちは計算してるのかなぁ?)と思うことが多い。

 

日本は、数字に慣れる環境に普段いる分、

日本人は、無意識に数字に強くなっている可能性が高いはずだ。