自分道じぶんどう

アフリカは、セネガル。青年海外協力隊。

189 頭のなかで

算数の授業では、必ずといっていいほど、

最初に、「暗算」を2、3問解かせるのがセネガルの主流です。

 

暗算を習慣にすることはいいことだと思います。

だけど、暗算になっていないケースがあります。

 

2年生では、たし算の暗算が出されます。

 

「15+2」

 

暗算の中でも分かりやすい方に入る計算です。

できる子はいますが、

暗算ではなくて、線を書いて計算する子が、なかなかいるのです。

 

|||||||||||||||+||

15と2で、数えると17、ってな感じです。

 

もし、

15を、1と5に分けて考え、

15の「5+2」で7。

答えは17。

 

位ごとに分けて考えることができれば、全てを線で書いて数える作業から解放されるはずです。

日本と比べて、位ごとに分けて数をみる感覚が身についていない子が多いです。

f:id:yuta7watanabe:20191112023818j:plain

筆算を書くと、位がずれてしまう子が多いです。

 

原因の1つに、「道具を使った活動が少ない」ということがあると思います。

 

日本の1年生は、おはじきやブロックを全員が持っていて、1人1人がそれぞれ使います。

 

セネガルの低学年の子は、1つの道具で、それを1人が数えているのを周りの子が見ているという活動が多いです。

 

あと、1人1人が道具をもっていない(子供がもってきていない、先生がもってこさせていない)クラスが多いです。

 

中には、全員が数えるための道具がそろっているクラスもあります。

「売られているもの」じゃなくて、「自然のもの」や「捨てるはずのもの」をうまく使って、工夫があって良いです。

f:id:yuta7watanabe:20191112023831j:plain
f:id:yuta7watanabe:20191112023906j:plain

左。「バトネ」と呼ばれる数え棒。市販の物。

右。ペットボトルのキャップ。

f:id:yuta7watanabe:20191112023712j:plain
f:id:yuta7watanabe:20191112023730j:plain

左。植物や木の破片。

右。あめの棒。

 

 

今は、同僚と協力して、低学年の子たちが、1人1人道具を使った授業をすることを広める活動をしています。