自分道じぶんどう

アフリカは、セネガル。青年海外協力隊。

190 楽観

セネガルでは、「仕立て屋」が欠かせない産業として成り立っている。

地方に住む私の街の中心には、びっしりと仕立て屋が並んでいる。

布屋で、布を買って持っていき、シャツ、小物などを作ってもらう。

 

自分で関係をつくった仕立て屋と、

今まで住んでいた日本人から交流のある仕立て屋

の2パターンある。

 

前に1度、(この店どうかなぁ?)と入った仕立て屋があった。

作ってもらったシャツの作りが雑で、サイズが何度も合わなかったので、行くのをやめた。いきなり良いところに出会うのは難易度が高い。

運が必要だ。

 

「腕がいいかどうか」は大事なポイントだけど、「人あたりがいいか」というのは、もっと大事だと思っている。

私が言ったことを、分かろうとしてくれる人のところへ、何回も足を運ぶことになる。

自然にそうなる。

 

 

 

セネガル人の口から、

セネガルでは、仕事が全然ないんだよ。」

という言葉を何回も聞く。

 

仕事をしている人を見ていて、仕事半分、休み半分という人は多い。

仕事にどっぷりという働き方ではなくて、客が来たら仕事をする、みたいなスタンスである。

f:id:yuta7watanabe:20191115023627j:plain

例えば、私の友達の仕立て屋は、3人で仕立て屋をしていた。

だけど、この間から仕事場を自宅に変えて、1人で仕事をし始めた。

 

この友達は、注文が入ったら受け付ける。

それ以外はのんびりと生活を送っているように見える。

ゆったりとした時間を過ごしていけたらいい、という自由な生き方が見られる。

 

自分に合った生き方をしている人が多いからか、物事を楽観的に見る人が多いように思う。 

そのためか、セネガル人は、基本的に時間の使い方がゆったりである。

時間が守られないことの方が多く、たまに、時間を守る人がいると私は驚く。

 

 

 

仕立て屋では、火で熱するタイプのアイロンが主流である。

f:id:yuta7watanabe:20191115022311j:plain

これは、各家庭でもそうで、ガスの火で熱する人もいれば、炭で熱するアイロンを使っている人もいる。

 

だけど、天日干しでそのまま乾いたものを着るという人がほとんどだろう。

私もセネガルでは、干して乾いたものをそのまま着ている。

 

シャツのしわは、日本では気になっていたけれど、セネガルでは気にならなくなった。