自分道じぶんどう

アフリカは、セネガル。青年海外協力隊。

196 手話

セネガル人の友達とその人の仕事場の仕立て屋で話しているときに、来客がありました。

 

セネガルでは、握手をしてあいさつをするのが主流です。 

そのお客さんは、握手した後、

私が話した言葉に対して返事をしない代わりに、笑い声と笑顔いっぱいでグッドポーズを見せてきました。

(あれっ?)と思って、

友達とそのお客さんの会話の様子を見ると、

その人は耳が聞こえていないのだと分かりました。

 

私の友達は、その人(お年寄りの方)に対して手話で対応していました。

手話の種類が日本と違うことが感覚的に分かりました。

感覚で言うと、ジェスチャーに近いような手話でした。

物を指差して何か伝えようとしている回数が多いように見えました。

 

セネガルで初めての手話を見て、これはセネガル内では共通の動作なのかということが気になりました。

 

日本とセネガルの文化の違いについて、逆に興味をもたれることもあります。

 

子供と話していて、

「日本人は、食べるときにスプーンじゃなくて、棒みたいなのを使うんでしょ?」

と言われました。

(へぇそんなことを知っているのかぁ。)

 

「自分の家ではセネガルでも使ってるよ。」

と教えてあげました。

日本から来る時、自分の箸を持ってきました。やはり必須アイテムです。

 

日本のことを聞かれたときに、

「何でそのことを知ったの?」と聞くと大体の人は、

テレビ、または、学校で習った、と答えます。

 

お互いに知らない文化があると、知りたくなるものです。

 

 

 

朝、静かな近所の様子が、ざわざわっと一瞬騒がしくなりました。

何かと思って振り向くと、馬が単独で、かなり早めにダッシュしてきました。

みんなそれを避けていたところでした。

馬は単体で動いていることはなくて、大体は飼い主と一緒にいるし、勝手に動いていることはありません。

この時は、好きに走っていたのでした。

f:id:yuta7watanabe:20191206062844j:plain

見てると、後ろから飼い主が来て、

「待ってくれ〜。」と追いかけてきました。

 

しばらく、馬は飼い主から逃げて、走っていたのでした。

だいぶ遠くの方まで、馬は逃げて行ったので、そのまま見届けました。

飼い主の足よりも格段に、はるかに速い馬。