自分道じぶんどう

アフリカは、セネガル。青年海外協力隊。

197 ファサ

タクシーに乗っていると、

目の前の席の女性が寝て、その女性の頭が私の方にガクッと倒れました。

 

ファサ…

 

女性の髪の毛のカタマリが落ちてきました。

首が取れたか、と一瞬思うほどいきなりのことです。

 

人の髪の毛を触ることなどないですから、変な感じです。

 

その正体、「かつら」です。

 

私は、その手に取ったかつらを前の女性に返しました。

女性は、かつらが取れた時に目を覚ましたようです。

渡すと、

「ありがとう。」と言って、

落ちないようにビニール袋に収納しましたとさ。

f:id:yuta7watanabe:20191210040746j:plain

かつらの存在は、とても身近です。

生活していて、人がいる前でも平気で取ることはザラです。

もはや帽子となんらかわりないアイテムなのです。

セネガル人のほとんどの人は、細かくカールしたような髪質です。

なので、編みこみヘアが主流です。そして、それはとても似合います。

 

だから、ロングのストレートヘアという見た目は、最初の方は見慣れませんでした。

見慣れてくると、似合う人もたくさんいます。

帽子感覚でかぶるかつらは気軽そうです。

 

この間、一緒に働いているジャージの先生が、

きれいなセネガル生地の服を来て、化粧して、かつらを被っていたので、別人に見えました。

遠目に見て新しい先生かと思ったので、

「あれは、誰ですか。」

とついだまされて質問してしまいました。

そのあとは、笑われました。

 

髪型で印象がガラッと変わります。

しかも、暑い時は自由に脱ぐかつら文化は、日本とは大きく違います。

私のようなストレートに近い髪質の人にはとても興味を示してきます。

特に、子供が私の髪が気になるようで勝手に触ってきます。 

 

 

男の人はというと、ほぼ坊主です。

床屋は、家の近くだけでも何軒かあります。

 

カミソリで剃っていくスタイルです。

剃り込みを入れてデザインしている人もいます。

子供もデザインを入れていて遊びがあります。

床屋のおっちゃんは、剃っていく様子を見せてくれました。

f:id:yuta7watanabe:20191210040716j:plain
f:id:yuta7watanabe:20191210040853j:plain

 ヘアカタログ代わりのポスターがあります。

f:id:yuta7watanabe:20191210040852j:plain

この子は、カミナリ。