自分道じぶんどう

アフリカは、セネガル。青年海外協力隊。

202 教わって教える

最近仲良くなった近所に住む友達のところへフランス語を教わりに行きました。

 

クリスマスで休日でしたが、私が住む地方では、その雰囲気を感じることは全くありませんでした。いつもの熱くなった砂の上を歩きました。

 

前に、その友達が、

「日本語を教えてほしい。」と言いました。

時間をつくって、

日本語を教え、フランス語を教えてもらうことにしました。

 

今まで会話の中で少しだけ教え合うことはありましたが、わざわざ時間を取って、休みの日に教え合うというのは今までありませんでした。

 

日本にいる時に、

「外国に1年以上住めば、その国の言葉は使いこなせるか?」

という疑問を持っていました。

自分が実験台で、1年経ったら使いこなせるようになるのかという実験です。

 

今1年以上経過しましたが、使いこなしている場面は一部ということが分かりました。

使うことができると思う場面は、あいさつ、買い物、乗り物(バス、タクシー)に関わる場面です。

つまり、日常生活に必要な毎日使う言葉は定着した、という結果です。

 

だから、それ以外の場面で必要な言葉は、話すチャンスがないと鍛えられていかないのです。

 

だから、ずっと誰かフランス語を個別に教えてくれる人がいないか探していました。

そんな時に、日本語を教える代わりにフランス語を教えてもらえることになりました。

 

最初に時間を決めました。

最初は、私がフランス語を教えてもらう番で、時間は45分にしました。

そして、45分はあっというまに終わりました。

 

思ったことは、教えてもらう側も難しいということでした。

前に、子供からウォロフ語を教わったときにも思ったことです。

「教えて!」

っていうだけなら、教える側に内容を任せるということになります。

「どういう風にお願いするか」

ということが案外大事だと思いました。

 

今度は、私が日本語を教える番でした。

「あいさつを教えてほしい。」

「書くのがいい?、それとも、話すのがいい?」

「話す方がいい!」

 というので教えました。

 

日本語がネイティブの自分は、日本語を知らない人に日本語を教える場合、何から教えたらいいか、ということを考えたことがなかったと思いました。

 

ひとつ、

「おはよう。」

を教えました。

初対面の人には、

「おはようございます。の方がいいよ。」

とも教えました。

その後、

「日本の人は、日本語を話す人がいるだけでうれしいと思うから、おはよう。でもいいよ!」と、主観を加えました。

 

この教え合いは初めてでしたが、結構いい方法だと思いました。

日本で英語を学習するときは、英会話や個人レッスンなどが思いつきますが、これは費用が高くて、毎日続けることは難しいと思います。

 

日本には、日本語を教えてほしい外国の人がどれくらいいるのか気になりました。

日本では、日本語に関心がある外国の人と関わりたいと思います。

 

近所をぷらついたクリスマスは、平和でした。

 

 

 

 

この間、小学校の1学期最終日に、急にお願いされたことがありました。

「幼児クラスの子のぬり絵の絵を書いてほしい。」とのことでした。

「サンタで!」

とお願いされたので、簡単にかけるサンタを書きました。

「何枚必要ですか。」

「21人だから21枚!」

印刷機のない学校なので、手書きで量産しました。

なんとか、21枚高速で書き終えて、ふぅと息をつくと、

「ツリーも書いて!」

と言われたので、続けて21枚量産しました。

子供たちのぬり絵の時間に間に合って、ぬり絵を楽しんでいました。

人間印刷機の気持ちでした。


f:id:yuta7watanabe:20191226201150j:image

f:id:yuta7watanabe:20191226201156j:image