自分道じぶんどう

アフリカは、セネガル。青年海外協力隊。

208 アバック

たまに見かけるセネガル人の行動。

 

部屋のドアが開いていて、部屋の中に人がいるときに、

「コン・コン」

と口で言って、部屋の中へ入っていく人がいます。

 

コン・コンという音の表し方が日本と同じということが分かります。

うろ覚えですが、日本でもこういう風に使っている人がたしかいたはず!

 

 

最近、算数の活動で進めていることがあります。

それは「アバック」を広めることです。

 

アバックという言葉には、「そろばん・百玉計数器」などの意味がありますが、

セネガルでは、ずばりこれのことです。

f:id:yuta7watanabe:20200117011936j:plain

下に書いたC・D・Uは、

Centaine(サンテンヌ)=100の位

Dizaine(ディゼンヌ)=10の位

Unité(ユニテ)=1の位

を表しています。

 

このアバックは、セネガルの先生の指導書にも載っている「セネガルの先生の中では」有名な教材です。

セネガルの先生の中では」有名とは、どういうことか?

それは、教室で使われているのは0%に近いということです。

 

私の住む地域では、存在を見たことがありません。

 

使われていない一番の理由は想像できます。

「用意するのが大変だから」です。

 

用意するとしたら、時間も手間も費用もかかります。

だから、誰も用意したことないのだと思います。

 

セネガルでは、まだどこも教室がぼろぼろで、電気の1つもない教室があるような学習環境です。

それにともなって、教材も全然整っていない状態です。

 

だから、アバックを広めてみて、現場で使ってみたら有効か、という提案です。

 

というわけで、まず、試作品を作りました。

見本を示して、今は、子供たちにも同じものをそれぞれに作ってもらっています。

 

見た目はシンプルだけど、時間がかかりました。

協力してくれる先生にもやる気を出してもらうために、先生分も作りました。

 

工作はなかなか楽しいもんです。

f:id:yuta7watanabe:20200117014744j:plain
f:id:yuta7watanabe:20200117014704j:plain
f:id:yuta7watanabe:20200117014619j:plain

短く切った木、太い針金を金物屋でそろえます。ハンマーで穴を開けます。

f:id:yuta7watanabe:20200117014514j:plain
f:id:yuta7watanabe:20200117014343j:plain

針金の根っこにテープを巻いて、穴に固定し、ボンドで固めます。

f:id:yuta7watanabe:20200117014302j:plain
f:id:yuta7watanabe:20200117014437j:plain
f:id:yuta7watanabe:20200117014219j:plain

くぎを火でこれでもかと熱して、ペットボトルキャップを溶かして穴を開けます。

家で、学校で、ひたすら開けます。

f:id:yuta7watanabe:20200117015524j:plain

完成。

 

とにかくアナログです。

どれくらい効果的か、使ってみないことには分からないです。

 

今は、

「手元に何もないより、操作しながら数字にふれた方が理解しやすい」という予想のもと進めています。

 

やってみないことには分からない。

そんな活動がずっと続きます。