自分道じぶんどう

アフリカは、セネガル。青年海外協力隊。

210 髪の毛どこへ

気付いたら髪の毛が伸びて、ヘルメット状になっていました。 

ヘルメットヘアは昼間はとても暑く感じます。

 

もはや、自分で切ることにためらいはありません。

雑に切ったとしても、気付かれないからです。

 

前に切った時、前も後ろも景気良く切ったのですが、しばらく後ろの髪にピンッと常に「ハネッ」ができている状態が続きました。

なので、自分で見える前半分の髪の毛だけを切りました。

 

今は、前半分はさっぱりしていて、後ろは手付かずのもっさりです。

言うなれば「鳥」ヘアです。

 

というわけで、前半分の髪が素早く洗えるようになりました。

 

 

後日、小学校で子供が私の髪の変化に気付いて声をかけてきました。

 

「髪型変えた?」

私「うん。」

「どうやってやるの?」

私「ハサミで切るんだよ。」

「(俺みたいな坊主ヘアみたいに)剃りはしないの?」

 私「切るのがいいな。」

 

セネガル人男性は、ほとんどが坊主です。

 

「切った髪ってどうするの?」

私「捨てるよ。」

「どこに?」

私「ゴミ箱に。」

「えぇ!(なぜか笑いが起きた)」

私「どうした?」

「俺たちは、髪を剃ったらこうするんだよ。」(砂を掘って、埋める動作をする。)

私「えぇ!」

 

 なんと、砂に埋めてしまうとのことでした。

大量の髪の毛が砂に埋まってると思うと、ちょっと怖い気持ちになりました。

 

逆にセネガル人は、

ゴミ箱から黒い髪のかたまりを発見したとき、どんな反応するのだろうと想像していました。

 

f:id:yuta7watanabe:20200124000831j:plain
f:id:yuta7watanabe:20200124000911j:plain

学校の校庭に、ヤギがよく入ってきます。

この日は、子ヤギだけで入ってきました。

いつも、落ちてる紙切れをモシャモシャして、満足そうです。