自分道じぶんどう

アフリカは、セネガル。青年海外協力隊。

214 粉々チョーク

小学校では、小さな黒板、通称アルドワーズを使うことが定番です。

yuta7watanabe.hatenablog.com

 

これを使う時に必ずセットで使うものが、チョークです。

 

小学校で使われているチョークは、日本のチョークと比べて、とても折れやすいです。

ちょっと力を加えると、次々ポキポキ折れます。

 

子供は、特にチョークを折ります。持っているチョークは、かけらです。

書いても折るし、リュックに入れて持ち歩いても折ります。

つまめる程度に小さくなったチョークを使っています。

 

(長いの使えばいいのに…)

 

と思うことがよくあります。

 

子供がチョークがない時、先生が、ない子へチョークを配ることは今までよく見ていました。

が、最近、チョークを、先生から子供が買うところを見かけました。

チョーク1本もらうのに、50フラン(10円)を出して買っていました。

 

チョークはタダ(無料)じゃないから、小さくてもできるだけ使っていたのかなと思いました。

1本ごとにお金が減るのでは、かなりの出費です。

 

 

先生と話をしていて、

「日本人は、給料たくさんもらってるんでしょ?」

と言われました。

「今はボランティアだから、家賃と食費をもらっているだけだよ。たくさんはもらってないよ。」

という流れから、教員の給料の話になりました。

 

その先生は、

「先生は、ひと月15万フラン〜30万フランの間で、毎月の終わりにもらっているよ。」

と教えてくれました。

 

15万フランは、3万円、

30万フランは、6万円です。

 

よく、

「日本に連れていってくれよ。」

とお願いする人がいますが、物価の違いがあるので、日本への飛行機代を貯めるだけでかなり難しいです。

 

20代の教員が、セネガルから日本への飛行機代の100万フラン(20万円)を集めるとなると、給料を丸々貯めても7ヶ月分はかかるからです。

 

日本にいるセネガル人は、果たしてどんな経緯で日本へ来ているのか聞いてみたいものです。 

f:id:yuta7watanabe:20200206225226j:plain
f:id:yuta7watanabe:20200206225402j:plain

庭でスイカを食べます。

 

私が、種を地面にプップッと飛ばします。

後で、鳥たちが種をつついて食べます。

 

私が、食べ終わったスイカの皮を置きます。

後で、鳥たちが皮をつついて食べます。

 

よくできた流れです。

 

鳥たちは、食べた後、まとまって木の下で集まって休みます。