自分道じぶんどう

アフリカは、セネガル。青年海外協力隊。

215 こめ

セネガルでも米は主食です。日本と同じです。


セネガルでは、

1 香辛料、調味料などを混ぜて炊いた米(味付き米)料理

2 野菜ソースをかけて食べる白飯料理

の2種類がメインです。

 

セネガル飯はおいしいです。

が、米やソースの味付けは濃い目で辛口。合わせて、油濃いめなので、パンチが効いています。

日本の米そのものの味を引き出すような和食とは対極です。

 

 

近所でいつも買っている米をじっくり味わってみようじゃないかということで、「利き米」をしました。

 

いつもは「1㎏ずつ買ってなくなったら次を買う」というようにしています。

同時に2つ以上の米を食べ比べたことがなかったです。

 

 

商店で買うと、はかりを使って、米をすくって袋に入れてくれます。 

よく売られているメーカーの米3種類を比べました。

 

左のパッケージのおばちゃんは、どこに行っても見かけるほど有名人です。

f:id:yuta7watanabe:20200208230328j:plain
f:id:yuta7watanabe:20200208230222j:plain
f:id:yuta7watanabe:20200208230048j:plain

左から 1㎏ 325フラン(65円)、400フラン(80円)、450フラン(90円)

f:id:yuta7watanabe:20200208230532j:plain
f:id:yuta7watanabe:20200208230445j:plain
f:id:yuta7watanabe:20200208230403j:plain

米の形は、それぞれ違います。

左と右は、形がいびつで、小粒です。

真ん中は、形が丸く、日本の米に形が近いです。

 

同時に食べないと比較ができないので、

2つある鍋で同時炊きをして、2種類ずつ何日か食べてみました。

 

 

いつもよりよ〜く味わって食べた結果、

 

 

噛んでも噛んでも、甘みは… 

 

出てこない。(日本基準)

 

やっぱり日本の米が最高です。

体に染み付いているのは、日本の米でした。

 

この3種類では、日本の米と形の近い真ん中の米がほんのちょっとばかしおいしく感じました。

 

 

番外編。

首都ダカールで売っている「OISHIYA Japanese Style」も買って比較してみました。

f:id:yuta7watanabe:20200208230203j:plain
f:id:yuta7watanabe:20200211050613j:plain

寿司用の米となっています。

パッケージ右には、「美味しい大和」と書いてあります。

 

どこで作られているかみると、

U.E = Union européenne  = ヨーロッパ連合 

でした。

フランスの地名が書かれているので、おそらくフランスで作られたものです。

 

首都のスーパーで買えます。

1㎏ 2590フラン(518円)でした。

桁が1つ違いました。

米の形は、一番日本の米に似ています。

 

 

これもよく味わった結果、

さっきの3種類の中のお気に入り米より、ほんのちょっとばかし美味しい、が本音です。

 

やっぱり日本の米が強いです。

 

 

セネガル米あるある。

買った米をみると、色々入っているんです。

小さい虫、

野菜の皮のパリパリ乾いたやつ、

黒い米、

そして、一番の天敵は、

石。

 

協力隊員で、医者にかかる要因として多いのが、

「米に混ざった石を噛んで歯が欠けた」です。

 

何回かくらったせいか、歯医者にも2度お世話になりました。

小さい敵と闘っています。