自分道じぶんどう

アフリカは、セネガル。青年海外協力隊。

216 数字で見ない時間

最近、日中は40度を越し、水シャワーの日々に戻りました。

 

街は、のんびりしています。

活動していると、時々先生たちのストライキが重なり、急に子供を家に帰すことがあります。

急に決まるので、先が読めません。

「明日の10時に、仕事中止してストライキするから。」

みたいな情報が急に入ってきます。

 

 

小学校の帰り道、乾燥した暑い空気の中、じりじりと太陽の光を強く浴びます。

熱された砂道をひとり歩いていると、時間がゆっくりと流れるような気分になります。

 

 

最近は、時計をみることがすっかり減りました。

腕時計は、日本にいた時にはずっと付けていて、ないと落ち着かない癖がついていました。

今では、腕時計を付けない生活になり、腕時計焼けはすっかり消えました。

 

腕時計を付けなくなって、時間を守らないようになったわけじゃなく、見る回数が最小限になりました。 

 

セネガルでは、

時計をほとんど目にすることがありません。

 

小学校で、壁時計は1つも取り付けられていません。

日本にある大きな壁時計がないし、それぞれの教室にある壁時計も存在しません。

 

前にアナログ時計の授業をしたときです。相手は、4年生でした。

f:id:yuta7watanabe:20200213064903j:plain

時計を作って、黒板に貼りました。

 

「8時40分に家を出て、9時に学校に着きました。何分かかりましたか?」

という問題を、ほとんどの子が分かりませんでした。

普段の生活で使うことがないからです。

 

日本人は、アナログ時計を日常的に見るので、暗算の力が自然についているかもしれません。

 

セネガル人の大人は、ほとんど携帯のデジタル時計で確認しています。 

セネガル人の子供は、学校の中では時計を自分でもってない限り時間を見ることができません。

 

子供を見ていると、時間を見ない影響からなのか、ゆっくり時間を使う子が多いように見えます。

時間を感じない環境で生活しているからでしょう。

 

 

周りにいる人の影響で、時の流れ方がゆっくりに見えるのがセネガルです。