自分道じぶんどう

アフリカは、セネガル。青年海外協力隊。

217 私はだれ

アジア圏の人を見かけたときに、

「あの人はどこの出身の人だろう?」

と思います。

 

セネガルの地方では、アジアの人を見かけることはなく、外を歩いていれば目立ちます。

すれ違う距離がかなり近ければ、私は声をかけます。

 

日本人かな?と思うときには、

「こんにちは。」

と日本語で言うことがあります。

 

前に、

「こんにちは。」

と言ったことがあります。

と同時に、相手もあいさつしてきたことがありました。

 

その人は、明らかに違う言葉のあいさつを私にしてきました。

 

2人とも自分の国のあいさつをしたので、

「すみませんでした。」

 とフランス語でお互い謝りました。

 

他にも、見た目がアジアの人でも、セネガルで生まれ育って、フランス語しか話せないという人にも出会いました。

 

見た目で判断しきれない場合が多くあるので、決めつけないで接することが心配りだと思っています。

yuta7watanabe.hatenablog.com

 

 街を歩いていると、今だに毎日、

「中国人だ!」

と言われます。

 

言われ方は、様々。

すれ違いざま、離れたところから、移動している車から、ヒソヒソ、子供だったら指を指してなどです。

 

近くに相手がいる時は、自分から寄っていって、

「日本人だよ。」

と教えることが多いです。

私は、こういう人だよと、言葉、行動、雰囲気で伝えるのです。

「私はだれ」かを教えます。

 

移動している車の窓から声をかけてくる人は、ほとんどの場合、悪気のある口調で呼んできます。これは、一方的です。

 

直接興味をもって声をかけてくる人だと判断した場合、コミュニケーションの取りようがあります。その人には、私の言いたいことを伝えることができます。

 

日本のことを知らないで接してくる人には、日本人の存在を教えてあげようと思っています。

私と出会って、日本のことが伝われば、その後、その人が日本の情報をキャッチするチャンスが増えるはずです。

 

 

 

教室の飾り付けをあるクラスで作ると、

「私のクラスでも教えてほしい。」

と連鎖していきます。

f:id:yuta7watanabe:20200218044627j:plain

算数のことをメインで取り組みたい私ですが、

図工など算数と関係ない教科を手伝うことで、信頼関係が作れることもあることが身をもって分かりました。

 

試してみないと分からないことは、無限です。