自分道じぶんどう

アフリカは、セネガル。青年海外協力隊。

219 誕生

仲良くしている近所の友人家族に子供が生まれました。

 

先月から、

「もうすぐ生まれる。」

また顔を合わせると、

「もうすぐ生まれる。」

という日が続いて、無事に誕生しました。

 

1年ぶりに「ンゲンテ=命名式」に招待されたので、参加しました。 

yuta7watanabe.hatenablog.com

yuta7watanabe.hatenablog.com

 

「朝8時に来て。」

と言われていたので、8時に行くと、次々と人が集まってきました。

 

いつ生まれたのか聞くと、

「今日の0時〜1時くらいだ。」

と言いました。

 

前に、

「男の子?女の子?」

と聞いたときに、

「まだ分からない。」

と言っていました。

おそらく事前に知ろうとする習慣がないように思いました。

 

合わせて聞くと、

「女の子が生まれたよ。」

と教えてくれました。

 

 

少し待っていると、

ござが敷かれ、セネガル服をまとったイスラム教の指導者をさす「マラブー」と呼ばれる人が来て、そこに座りました。

 

そこへ部屋の中にいた赤ちゃんが差し出されました。

赤ちゃんに向かって、十数秒、言葉を唱えた後、

少し大きな声で、赤ちゃんの名前を口にしました。

 

近くにいたので、聞き取れました。そのものの1分くらいの間に命名が終わりました。

 

そのあと、会場内では、

つけられた名前が口伝えに広がり、みんなが知ることになりました。

 

命名された瞬間には、その赤ちゃんの親である私の友人はそこにはいませんでした。

命名式の命名される瞬間に両親が立ち会っていないことが不思議でした。

 

 

会場では、お菓子と実が配られました。

さらに、「ラーハ」と呼ばれるあたたかいヨーグルトと穀物の料理がふるまわれました。 

f:id:yuta7watanabe:20200225015050j:plain
f:id:yuta7watanabe:20200225015010j:plain

配られた実は、前に一度かじったことのあるクセの強い味の実でした。

「結婚式や命名式などの行事で、この実を送るのが伝統なんだ。」

と配っている人が言いました。

 

実の名前を聞くと「コーラの実」であることが分かりました。

コカコーラは、昔、このコーラの実のエキスが使われていたそうです。

コーラの実は、アフリカで嗜好品としてかじって使う人がいるようです。

たまに、売られているのを目にします。

 

久々にかじってみると、かなり苦い!

f:id:yuta7watanabe:20200225014933j:plain
f:id:yuta7watanabe:20200225014811j:plain

そして、お祝い事で出される「羊」が1頭、さばかれました。

 

女性陣は、もくもくと料理の準備をテキパキ取り組んでいました。

ほとんどが、近所から集まったご近所さんでしたが、チームワークは抜群で、黙々と働く姿が印象的でした。

 

完成すると、砂の上にそのまま大皿を置き、みんながしゃがんで食べました。

そのあとはジュースが配られるなど、

普段飲み食いしないものを振る舞われました。

祝い事では、盛大に物を買うセネガルのおもてなしの豪快さを感じました。

 

 

みんな帰りぎわに握手して家から出て行くのですが、

よく見ると、手にはお札が握られていて、それを家の主人に渡していました。

 

(これが渡すタイミングか)

と見て学んだので、

私も習って去り際に渡しました。

 

最後には、

「来てもらえて本当に嬉しかったよ。」

と言ってもらえて、私も嬉しく思いました。

 

 

この家には、一人だけ男の子がいて、とんでもなくやんちゃな子です。

そのやんちゃな男の子に、「妹が一人できてどんな感じになるか」が個人的な楽しみです。

 

セネガルにいるうちは通って、赤ちゃんと兄ちゃんの成長を見届けます。