自分道じぶんどう

アフリカは、セネガル。青年海外協力隊。

225 海外に出るとき

セネガルに来てから、海外で暮らす日本人の人たちと会うことが増えました。

 

旅人、留学生、民間企業で働く人、インターンで働く人などです。

 

20歳の時の記憶を思い出しても、「海外で仕事をしたい」とか「海外の文化に興味がある」とか「外国語に興味がある」という感覚はありませんでした。

海外=旅行しに行く場所、くらいにしか考えていなかったはずです。

 

出会う人たちは、多くの場合、自分より若い年齢で海外へ来ています。

 

今、日本の小学校のうちから英語にふれる機会があるし、外国の生活について知る機会や調べる機会があります。

海外を意識するチャンスは増えています。

 

自分で海外を選んで、大学生などの若いうちから海外生活を送っている人はたくましく感じます。

自分で選んできているので、目的をはっきりもっている人が多いです。

そのような日本で会えない人たちから、刺激をもらっています。

 

私が海外に興味をもったのは、海外旅行でした。

その時、旅行へ行っていなかったら、今セネガルにいなかったと思います。

 

今、一時的に私の活動は、自分の家でできることに限られています。

 

コロナ対策のため、活動する小学校、教員養成校が休校となったからです。

国内全土でのことです。

 

もともと来週からセネガルでは春休みでしたが、その期間が1週間前倒しで始まる形となりました。

 

先の見えない状況ですが、自分のできることをして過ごします。

f:id:yuta7watanabe:20200307124104j:plain

動物たちはタフです。

日陰だけじゃなく、日向にもいるのは謎。

日陰にいたとしても過酷です。

 

ロバはじっと動かず、暑さをやり過ごしていました。