自分道じぶんどう

アフリカは、セネガル。青年海外協力隊。

227 ひさびさ

日本に帰ってきました。 ひさびさ!

1年9ヶ月ぶりです。

 

「お湯が出る!」

日本に来て感じたうれしいことの1つです。

友達に言ったら「なんだそれ?」みたいな共感が得られない反応でした。

 

持っている服を手洗いすると、なかなかの汚れが蓄積していることが分かります。

絞った水は、濁っています。

 

日本は、どこも明るい場所だらけです。

姿見にうつった自分の服は、色あせていました。

 

 

今は、ホテルで自己検疫(けんえき)中です。

 

あまり使ったことがない「検疫」という言葉。

大まかな意味は、「伝染病が広がらないように必要な処置をとること」です。

これを自分でします。

 

行動に対する細かな決まりはありません。

細かな部分は、自分で考えて行動することになっています。

 

「海外から帰国した人に対して敏感な人もいる。」という話を聞きました。

コロナのことが話題としてメジャーになった後、セネガルでも過敏な反応を示す人がある程度いました。

 

どこでも同じことだと思います。

その気持ち、分かります。

 

私は、今までマスクを積極的につけたことがありませんでした。

この状況なので、マスクは嫌でもつけて行動しています。 

 

 

人がどう思うか考えていきます。

 

 

「日本の飯は、何でも美味い!」

 

今は日本に対する「感動の伸び代」がとんでもなく大きくなっています。

以前は感じなかったことを感じるようになっています。

 

 

次の動きは、まだ未定。

しばし、事を静観して待ちます。