自分道じぶんどう

アフリカは、セネガル。青年海外協力隊。

228 同じだけど、違う

朝、4時30分。 目が覚めました。

外へ走りに出ました。

 

このごろ走る時間よりもずいぶん早い時間でしたが、もうすっかり外は明るいです。

 

私の住むところの近くには、工場が集まっている場所があり、早朝に人気(ひとけ)はありません。

工場の周りには、囲うようにして木が植えてあります。

 

サァーーー

 

波が押し寄せるような音が、静かな外に包まれたと思ったら、木から大量の鳥が一気に飛び立つ音でした。

 

木は確かにたくさんあるのですが、それ以上に、こんなおびただしい数の鳥が住んでいるのかと思うほど出てきました。

 

鳥肌がたつくらいでした。

 

なかなか途切れずに、その鳥たちの近くを通らなければ進めませんでした。

敵と思われて、標的にでもなったら、一瞬で骨皮にされるくらいの数の鳥です。

 

近くをとおる時、

 

ピチャピチャ

 

今度は、フンが落ちてくる音でした。

とにかく当たらないように切り抜けることを心がけました。

 

ふぅ

 

なんとか抜けきることができました。

 

大量の鳥が一緒に木で生活しているけど、よく見ると行動するときは班みたいに分かれていることに気が付きました。

 

私が走る頭の上をその班の1つが通り越しました。

 

(速っ!)

あっという間に、遠くの方へ行ってしまいました。

 

先頭の鳥は、だれにも負けないように飛んでいるように見えたし、

ビリの鳥は、だれにも置いていかれないように飛んでいるように見えました。

 

人とはちあわせることなく、鳥しか見てなかったので、大通りに出て車がいくらかいたときにはなんだかほっとしました。

 

時間が1時間早まったら、

同じ場所だけど、見えたものは違いました。

 

視界にずっとごみが目につく砂道をサンダルでひたすら歩く。

ごみに混じって、脱いだように動物の骨や皮が、そして、鶏の頭が落ちてる。

サンダルの裏からは、じわじわと熱が伝わってくる。

セネガルの道を思い浮かべました。

 

鳥がいなくなって静まったとき、

「ここは、日本だ。」

と思いました。

 

 

f:id:yuta7watanabe:20200630142227j:plain

生活に必要な小物は、ここで手に入る。

通称、ブティック。セネガルのどこにでもあり、鉄格子で頑丈に仕切られている。

 

f:id:yuta7watanabe:20200630142251j:plain
f:id:yuta7watanabe:20200630142237j:plain

こんなロゴ、よく見かける。

 

f:id:yuta7watanabe:20200630142204j:plain
f:id:yuta7watanabe:20200630142633j:plain

セネガルでみんな飲んでるふくろ水。1つ50フラン(10円)。

実は、近所で作られていた。同僚の家に、ろ過機があった。

 

f:id:yuta7watanabe:20200630142154j:plain
f:id:yuta7watanabe:20200630142140j:plain

ヤギ オン ヤギ。 

 

 

昨日、オンラインで、活動の最終報告会がありました。 

 

セネガルに向かって飛び立ったのが、2018年7月2日。

ボランティアの任期は、2020年7月1日まで。

 

 明日、任期と同じ日に、このブログを終えます。