自分道じぶんどう

アフリカは、セネガル。青年海外協力隊。

229 セネガル

今日が青年海外協力隊の任期、最終日です。 このブログも最終。

f:id:yuta7watanabe:20200701104938j:plain

小学校の校庭、子供たち。

 

6月に入ってから、東京都のとある小学校の子供たちと一緒にテレビ電話で授業をしました。

5年生がセネガルについてのインタビューをして、私が答えるという授業でした。

 

子供から私へ質問。

 

「ウォロフ語(セネガルの現地語)で、こんにちは。はなんと言いますか。」

「ウォロフ語で、好きな言葉はなんですか。」

「動物の名前で面白い響きの言葉はありましたか。」

などが続きました。

 

こんにちは。は、「アッサラーマライクム。」

好きな言葉は、「ジャンマレック。」=平和だけさ。という意味。

動物の名前は、、

(ひつじは、なんて言うんだっけ?)

すぐに言葉が頭に出てきませんでした。

フランス語ではムトン、ウォロフ語では…

 

後で、(ひつじはウォロフ語でハル、だ。)と思い出しましたが、時間がかかりました。 

 

毎日、道端で遭遇したヤギ、ひつじ、ブタ、うし、ロバ、うま。

それぞれにフランス語の呼び名と、ウォロフ語の呼び名があって、

パッと呼ぶことができた名前が、ぼんやりした記憶になっていることに気付きました。

 

覚えていたものが、だんだんぼんやりしてくる。

記憶は薄れる。なくなることもあります。

 

セネガルの首都から離れた地方で、1人暮らし。

言葉が通じなくて、セネガル人から敬遠されることがありました。

「なんだ言葉、ぜんぜん分かってないじゃん。」みたいに。

 

色んな人に話しかけ続けていると、私のことを受け入れてくれる人たちがいました。

 

その人たちは、私の言おうとすることを、(こういうことを言いたいんじゃないか。)と考えながら耳を傾けてくれました。

そして、「こうやって言うんだよ。」と言葉を教えてくれました。

 

その人たちは、私のしようとすることを、一緒に手伝って、助けてくれました。

 

細かい記憶はなくなっても、私がもがいているとき、手を差し伸べてくれたことは忘れられません。

 

私が残したい記憶は、手を差し伸べてくれた人たちの姿です。

 

見た目、言葉、宗教、諸々違くとも、それらを越えて、分かり合える部分があることを

忘れない。

 

 

セネガルにふれて考えたこと」をブログに書いてきました。

発見があったとき、セネガルが自分の中で広がっていきました。 

発信したことが、読んでくれた人に少しでも伝わったなら、万歳です。

読んでもらい、ありがとうございました。 

 

セネガルにはもう1回行きます。きっとタイミングが来るでしょう。

 

生きて帰ってきた自分に珍しく「おつかれさん」と労をねぎらって、活動をしめくくります。

私がこれから「すること」が、人のためになる、価値のあるものになればいいと思っています。 

 

f:id:yuta7watanabe:20200701104925j:plain

任地をはなれるとき。3月。近所のタクシーの運ちゃん、めし屋のおばちゃん。

 

 

 

セネガル行って、価値観変わった?」

 

 今の答え。

 

「価値観が増えたよ。」

228 同じだけど、違う

朝、4時30分。 目が覚めました。

外へ走りに出ました。

 

このごろ走る時間よりもずいぶん早い時間でしたが、もうすっかり外は明るいです。

 

私の住むところの近くには、工場が集まっている場所があり、早朝に人気(ひとけ)はありません。

工場の周りには、囲うようにして木が植えてあります。

 

サァーーー

 

波が押し寄せるような音が、静かな外に包まれたと思ったら、木から大量の鳥が一気に飛び立つ音でした。

 

木は確かにたくさんあるのですが、それ以上に、こんなおびただしい数の鳥が住んでいるのかと思うほど出てきました。

 

鳥肌がたつくらいでした。

 

なかなか途切れずに、その鳥たちの近くを通らなければ進めませんでした。

敵と思われて、標的にでもなったら、一瞬で骨皮にされるくらいの数の鳥です。

 

近くをとおる時、

 

ピチャピチャ

 

今度は、フンが落ちてくる音でした。

とにかく当たらないように切り抜けることを心がけました。

 

ふぅ

 

なんとか抜けきることができました。

 

大量の鳥が一緒に木で生活しているけど、よく見ると行動するときは班みたいに分かれていることに気が付きました。

 

私が走る頭の上をその班の1つが通り越しました。

 

(速っ!)

あっという間に、遠くの方へ行ってしまいました。

 

先頭の鳥は、だれにも負けないように飛んでいるように見えたし、

ビリの鳥は、だれにも置いていかれないように飛んでいるように見えました。

 

人とはちあわせることなく、鳥しか見てなかったので、大通りに出て車がいくらかいたときにはなんだかほっとしました。

 

時間が1時間早まったら、

同じ場所だけど、見えたものは違いました。

 

視界にずっとごみが目につく砂道をサンダルでひたすら歩く。

ごみに混じって、脱いだように動物の骨や皮が、そして、鶏の頭が落ちてる。

サンダルの裏からは、じわじわと熱が伝わってくる。

セネガルの道を思い浮かべました。

 

鳥がいなくなって静まったとき、

「ここは、日本だ。」

と思いました。

 

 

f:id:yuta7watanabe:20200630142227j:plain

生活に必要な小物は、ここで手に入る。

通称、ブティック。セネガルのどこにでもあり、鉄格子で頑丈に仕切られている。

 

f:id:yuta7watanabe:20200630142251j:plain
f:id:yuta7watanabe:20200630142237j:plain

こんなロゴ、よく見かける。

 

f:id:yuta7watanabe:20200630142204j:plain
f:id:yuta7watanabe:20200630142633j:plain

セネガルでみんな飲んでるふくろ水。1つ50フラン(10円)。

実は、近所で作られていた。同僚の家に、ろ過機があった。

 

f:id:yuta7watanabe:20200630142154j:plain
f:id:yuta7watanabe:20200630142140j:plain

ヤギ オン ヤギ。 

 

 

昨日、オンラインで、活動の最終報告会がありました。 

 

セネガルに向かって飛び立ったのが、2018年7月2日。

ボランティアの任期は、2020年7月1日まで。

 

 明日、任期と同じ日に、このブログを終えます。

227 ひさびさ

日本に帰ってきました。 ひさびさ!

1年9ヶ月ぶりです。

 

「お湯が出る!」

日本に来て感じたうれしいことの1つです。

友達に言ったら「なんだそれ?」みたいな共感が得られない反応でした。

 

持っている服を手洗いすると、なかなかの汚れが蓄積していることが分かります。

絞った水は、濁っています。

 

日本は、どこも明るい場所だらけです。

姿見にうつった自分の服は、色あせていました。

 

 

今は、ホテルで自己検疫(けんえき)中です。

 

あまり使ったことがない「検疫」という言葉。

大まかな意味は、「伝染病が広がらないように必要な処置をとること」です。

これを自分でします。

 

行動に対する細かな決まりはありません。

細かな部分は、自分で考えて行動することになっています。

 

「海外から帰国した人に対して敏感な人もいる。」という話を聞きました。

コロナのことが話題としてメジャーになった後、セネガルでも過敏な反応を示す人がある程度いました。

 

どこでも同じことだと思います。

その気持ち、分かります。

 

私は、今までマスクを積極的につけたことがありませんでした。

この状況なので、マスクは嫌でもつけて行動しています。 

 

 

人がどう思うか考えていきます。

 

 

「日本の飯は、何でも美味い!」

 

今は日本に対する「感動の伸び代」がとんでもなく大きくなっています。

以前は感じなかったことを感じるようになっています。

 

 

次の動きは、まだ未定。

しばし、事を静観して待ちます。

226 慣れる

「協力隊員の一時帰国が決定しました。」

とメールが流れてきたとき、

(とうとう来たか。)とショックでした。

 

その次の瞬間には、

(動かないと。)と、

諸々の手続きに向かってすぐに体が動き出しました。

 

私の場合、残りの任期が3ヶ月なので、 家、銀行、電気、水道の解約が必要でした。(活動が終わりと決まったわけではありません。)

 

全ての解約を終え、空っぽの家を後にして首都ダカールへ向かいました。

時間が限られていたので、お世話になった人にあいさつすら出来ていない状態です。

 

今日(20日)のフライトの予定で動いていましたが、航空便の欠航により断念することになりました。 

 

 

日本へ一時帰国することが決まってから、ふとセネガルでの生活を振り返っていました。

 

ここに来て、たくさんのことが初めてのことだったけど、1回受け止めて、慣れてきたんだなと思いました。

 

何ごとも慣れたら、余裕が生まれて視野が広がります。自分の出来ることが増えます。

 

今、先のスケジュールが見えない中、この状況に慣れて、出来ることを考えます。

今日は、首都でのホテル暮らしになりました。

 

 

今週は、あらゆる用事のため、街の中を行ったり来たりしてました。

f:id:yuta7watanabe:20200321042216j:image

通りに面したこの広い土地には、毎年大量の落花生が積まれます。

 

一見、砂の山に見えますが、落花生の山です。

鳥がそれをつつき回っていました。

 

セネガルの落花生の消費はすごい量です。

「日本の何倍食うのだろう。」

とぼんやり考えていました。