自分道 じぶんどう

元小学校教員が進む、青年海外協力隊の道。 アフリカ・セネガル編

2 セネガル、アデシナ編

約1週間過ごしたセネガルの首都ダカールから車で1時間半のティエスという街へやってきました。

 

タイトルの「アデシナ」とは、現地語の「ウォロフ語」を習う語学学校の名前です。

 

7月13日から3週間、1人1家族のもと、ホームステイをしながら、学校へ通います。

 

f:id:yuta7watanabe:20180715050145j:image

アデシナの入り口です。

 

初日はオリエンテーションを受け、その後ホームステイ先へ向かいました。

先日まで住んでいた「ドミ」は、日本人が暮らすための場所なので、設備も日本人使用になっていました。

 

ホームステイ先に来ると、そこにはセネガル人の一般的な生活が待っていました。

 

f:id:yuta7watanabe:20180715051813j:image

道は、車がよく行き来する場所だけ舗装されていて、それ以外は砂浜のようなモフモフとした踏み心地の砂が広がっています。

 

ここにいる間、日本との文化の違いにふれていきます。

電波は通じる(感覚的には、日本でいう3Gより遅い程度)ようなので、セネガル文化を更新していきます。

 

ここにいる間は、スマホから発信していきます!