自分道 じぶんどう

元小学校教員が進む、青年海外協力隊の道。 アフリカ・セネガル編

5 チェブジェン

定番メニュー!

f:id:yuta7watanabe:20180718055718j:image

チェブは米、ジェンは魚という意味です。

 

セネガルに来てから2週間。

すでに5回登場しているセネガル飯の定番です。

 

アフリカのご飯というと、日本じゃ食べないようなものを想像しますが、すごく身近なものが多いです。

 

ひとつ、米。

日本の米と比べると、ほんのほんの少しだけパサパサした感じがありますが、ほとんど一緒です。慣れたので、違和感なく食べてます。

米をこんなに食べられるとは思ってませんでした!

 

ひとつ、魚。

セネガルは海に面してる国なので、魚がとれます。調理のとき、焼くだけじゃなく、揚げてもいるそうです。

アフリカで魚が食べられるんです。不思議な感じしませんか?

日本の白身魚と似ているので、さっぱりとしていておいしいです。

 

このチェブジェンの見た目。どんな味を想像しますか?

 

一言で。個人的には、辛いチャーハン。

 

セネガル料理を食べていて、ほとんど、いや、全てという勢いで、「辛い」味付けになっています。それは、唐辛子が入っているからです。

辛いのは、弱いのですが、好きなので、毎日でらも苦ではないです。むしろ、アリです。

f:id:yuta7watanabe:20180718061602j:image

チェブジェンと一緒に出てきたソースです。かけて食べるのですが、黄色とオレンジのピーマンのような野菜が見えますね。

これは、唐辛子!

 

この唐辛子を見る初めての日。一緒に食べていたセネガルの方が、「これは美味しいぞ!」と言ってきたので、色合い的にパプリカ感覚で3分の1ほどパクリといきました。

 

結果。

生きてきてダントツ辛い唐辛子でした。

教えてくれた人は、爆笑していました。

 

その後、お腹は火をふき、お尻まで辛いのはこの時が初めてでした。

辛いもの好きな人に食べて欲しいですね。

 

食、のカルチャーショック沢山あります。