自分道じぶんどう

アフリカは、セネガル。青年海外協力隊。

203 話すのは、自由

電話は、動きが相手に見えない状況、相手の姿も見えない状況での会話なので、難易度は高いです。

 

前に、レストランの問い合わせの電話をした時、全く通じなかったことがあります。

問い合わせの電話で、私の言っていることが通じないと、そのまま切られることもあります。

 

そういった経験を何回もして、考え方が変わったことがあります。

それは、自分が話しかけて、たとえそれが相手に通じなくても、

それは「悪」ではないという考え方です。

準備不足かもしれませんが、悪ではありません。

私が相手の話をうまく聞き取れなかった時も同じで、悪ではありません。

 

日本では、外国語を正しく話さないといけないという考えが無意識に強すぎたと思います。

 

言葉がうまく話せない場面をくり返した結果、

言葉を話すようになるために、自然と考え方が変わりました。

 

自分の話す言葉が変な発音だったとしても、通じることがあります。

ジェスチャーを使って、伝えることをあきらめなければ伝わることがあります。

 

話すこと、聞くことが上手くなくても、それは悪じゃなくて、話すのは自由です。

それだけで会話が楽にできるようになります。

そして、楽しいです。

 

 

電話でやりとりすることが多い職員の人がいます。

その人と電話をして、

用件が終わって切ろうとした時、聞き慣れないあいさつをされました。

 

この人は、時々新しい言葉を教えてくれます。

 

私は、意味を聞き返しました。

 

それは、年末のあいさつでした。

 

Santé prosperité et réusitte.

サンテ プロスゥペリテ エ レユスィット。

【健康を 繁栄を そして 成功を!】

 

聞いたことを丁寧に教えてくれる人がいます。そんな、言葉に広い心をもつ人がいる限り、私は様々な人と関わり続けます。

 

 

パフパフッと音を鳴らして、アイス売りが子供たちにアイスを売っていました。


f:id:yuta7watanabe:20191230192947j:image

f:id:yuta7watanabe:20191230192944j:image