自分道じぶんどう

アフリカは、セネガル。青年海外協力隊。

63 旗、濡れて乾いて

10月へ入りました。

雨季から、乾季に変わります。

果たして雨は降らなくなるんでしょうか、少し寂しい気もします。

 

天気予報では、まだ40℃という表示が出ているので、そろそろ日本との季節の差を感じ始めるかな、と思っています。

 

教員養成校では、最終試験まで講義がないのか、生徒は来ていません。

職員もまばらで、スケジュールはすごく流動的です。

 

10月4日(木)が、小学校の新学期の始まりと言われていたので、楽しみにしていた週でした。

 

「今週は、教室の掃除、児童の確認をするくらいで、行っても何もすることはないから、来週行きましょう。」とのこと。

 

初めは、教員養成校の長と一緒に行くことになっているので、来週行く段取りになりました。

 

また少し先になった、と思いましたが、

割と事を先延ばしにする、現地の人の感覚というのは、今後仕事をする上で、大きく関わってくる部分だと思うので、柔軟に受け止めていきます。

 

教員養成校では、毎週月曜に、国旗掲揚がありました。今週は、生徒がいないのでありませんでした。

f:id:yuta7watanabe:20181003014706j:image

旗の下にみんなが集まって、国歌を歌います。

 

日本の国旗掲揚のように、朝夕きっちり時間通りに上げて下ろす、ということはしないです。

 

雨が降ろうが、1週間くらい上げっぱなしなのです。

多分、思い出した時にだれかが下ろしています。

今週は、先週上げたものが、まだキープされています。

 

ざっくりとした、国旗掲揚