自分道じぶんどう

アフリカは、セネガル。青年海外協力隊。

192 兄弟

知り合い2人が会話をしていました。

その内の1人が私に、

「この人は、俺の一番上の兄なんだ。」

と言ってきました。

 

知り合い2人の顔を横並びで見ると、確かに似ていました。

「えぇ、そうだったの?」

とリアクションしました。

「いや〜、本当の兄弟じゃなくてさ。例えば、年の同じ人同士でも兄弟っていうようなことがあるよね?」

と、親しみのある「呼び名」であることを説明されました。

 

そう呼ぶ感覚は分かるんだけど。

2人が似ていたから、私が「信じやすい人」みたいに仕上がりました。

 

兄弟が多いセネガルなので、そう信じてしまったんです。

 

セネガル人の家族は、基本が大家族です。

 

少なくとも地方の生活で、1人暮らしをしているという人をまだ知りません。

そのような、物件も見たことないです。

 

1つの家の敷地内に住んでいる人数がとにかく多いです。

 

友達の家に訪れたときは、まず、家の中にいる全員のところにあいさつしに行きます。

その時に、

「この人は、奥さんの◯◯(名前)。」

「この子は、子供の◯◯。」

「この人は、弟の奥さんの◯◯。」

「この子は、甥っ子の◯◯。」

 

私の「友達の友達」が遊びに来ていることもあるので、

「俺の友達の◯◯。」

近所を歩くと、

「この人は、昔からの知り合いの◯◯。」

 

という風に、次から次へと登場人物が出てきます。

1回じゃまず覚えられません。

 

兄弟家族が一緒に住んでいることが多く、2つ以上の家族が共有の家に住んでいます。

 

私が、

「2人兄弟なんだ。」

というと、とても少ないというリアクションをされます。

セネガルでは、大兄弟、大姉妹が当たり前の世界です。

 

小学校にいると、

知っている子供が、

「俺の兄弟だよ。」

と、次から次と紹介してくることがあります。

とにかく多いです。

 

セネガル人の家に行くと、大家族の一員になる体験ができます。

f:id:yuta7watanabe:20191122043439j:plain
f:id:yuta7watanabe:20191122043333j:plain

セネガル人の友達の家にある木を、たまたま前に撮っていました。

再び訪れた時、なんと大胆に坊主になっていました。

 

(木は、日陰ができていいよなぁ)と思ったのですが。

今回は、思い切りと良いということで。

 

前のように伸びるのは、いつか。

まぁ、きっと伸びるでしょう。