自分道じぶんどう

アフリカは、セネガル。青年海外協力隊。

191 豚いっとう

去年も行った、豚一頭(いっとう)買いをしました。 

yuta7watanabe.hatenablog.com

 

その場で、捕まえて捌いて(さばいて)もらいました。

 

私の住んでいる街では、野豚が大量にいます。

だけど、家の中で家畜用と飼われている豚もいます。

友達のセネガル人の家で飼われている豚を買いました。

 

イスラム教徒の間では、豚は食べられません。

キリスト教徒の間では、売り買いされて、商売にもなっているのが豚です。

 

朝行くと、豚はまだ寝ていました。

ほどよい大きさの豚を選び、捕まえました。

f:id:yuta7watanabe:20191119032556j:plain
f:id:yuta7watanabe:20191119032347j:plain

豚を運んだときの体感では、20〜30Kgくらいかなと思いました。

このサイズの豚で、20000フラン(4000円)しました。

 

捕まえたあとは、体を押さえて屠殺(とさつ)します。

かなり大きな鳴き声を出します。

見ていて、息を飲む瞬間です。

 

その後は、木に吊るして、空中で捌いていきます。

この手の作業は、セネガル人の男性は手慣れていて、非常にスムーズに行います。

 

イスラムの祝日では、羊や牛を一頭捌くことがあります。

この前の祝日の時には、大きな牛を5人がかりで捌いていました。

子供も足を持って、手伝っていました。

小さい頃から、よく見て、教えてもらっているからできることなのだと思いました。

 

去年気付かなかった発見がありました。

f:id:yuta7watanabe:20191119032500j:plain

捌かれた豚から出たばかりの血に、周りの豚が群がって食べたことです。

横たわっている豚を踏み、乗り越えていました。

さっきまで一緒に暮らしていた、という認識があるのかないのか、これが自然なことなのだと分かりました。

 

 

また今年も、いっとう命を頂きました。