自分道じぶんどう

アフリカは、セネガル。青年海外協力隊。

136 はじまり、ラマダン

ラマダン」が始まりました。

人や地域によって差が出るはずなので、

一般的なラマダンについてというより、私が目にしたものに限って書きます。

 

ラマダンの期間は、イスラム教徒は飲食を断ちます。

「断食(だんじき)」です。

断食が、「30日間」続くというのです。

 

私の住む地域では、

5月7日(火)の朝から断食を始める人がほとんどでした。

 

ほとんど、というのは、こんな人もいたからです。

同僚(男性)

「みんなは、明日の朝から始めることになってるんだけど、

 ぼくの場合、今日からもう取り組み始めてるんだ。【5月6日(月)朝】」

 

断食というと、1日中何も食べないというものだと思っていました。

実際は、日の出前、日の入り後には、食事をする、というものでした。

 

ひと月後の断食明けには、「コリテ」という祭りがあるそうなので、そこまでの間、ラマダンというものをそばで感じてみようと思います。

 

 

少し前ですが、セネガルに来てから初めてしたホームステイ先の家に久しぶりに行ってきました。

ここは、私の住む街から、車で3時間ほどの場所にあります。

 

前と変わらぬ庭の奥に何やら新しい小屋ができていました。

なんだなんだと近づくと、1匹のうさぎがいました。

私の姿を見とめると、奥の方へ引っ込んでいきました。


f:id:yuta7watanabe:20190510032320j:image

f:id:yuta7watanabe:20190510032311j:image

飼われている、ということは、食用です。

そういえば、他の家に行った時に、たくさんのうさぎが飼われていたのを思い出しました。 

f:id:yuta7watanabe:20190510032338j:image

気になるのは、

 

 味です。