自分道じぶんどう

アフリカは、セネガル。青年海外協力隊。

135 交差点

5月4日(土)、首都ダカールで、

「NIHONGO CLUB(日本語クラブ)」という名前の団体のイベントの手伝いをしました。

ざっくりいうと、文化祭のようなイベントでした。


f:id:yuta7watanabe:20190507060226j:image

f:id:yuta7watanabe:20190507060219j:image

当日着いた後に手伝う内容が分かったのですが、

手伝いのメインは、

「日本語クラブの人達に、浴衣の帯をつけること」でした。

 

う〜ん、今までやった記憶がない!

 

だけど、日本人だからっていうことで、みんなは「すごく」頼ってきました。

なので、その後の浴衣のファッションショーに支障の出ないように、なんとか手探りで着付けを手伝いました。

 

ふぅ、と一息。 なんとか終わりました。

 

こんな場面が回ってくるものだと、

日本の文化なのに、知らないことは多い、ことを痛感しました。

 

 

イベントのテーマは、

「日本とアフリカ、文化の交差点」

 

第一部。

ホールで行われたのは、日本の文化紹介でした。


f:id:yuta7watanabe:20190507023126j:image

f:id:yuta7watanabe:20190507023133j:image

浴衣のファッションショー、

日本のアニメのアテレコ披露、

扇子を使った踊り、

みんなで歌う日本の歌「槇原敬之・どんなときも」

など。

アフリカ文化として、アフリカのダンス披露の時間もありました。

 

第二部。

中庭に出て、ブースごとの出し物でした。

習字、けん玉、折り紙、漫画、浴衣試着、剣道、日本食販売(寿司、からあげ)

など。


f:id:yuta7watanabe:20190507023323j:image

f:id:yuta7watanabe:20190507023331j:image

幽☆遊☆白書は、フランス語版。

 

コーナーに分かれて、自由な雰囲気で行われました。

f:id:yuta7watanabe:20190507023529j:image

漫画を描くアーティスト。

 

遠い日本のことに、興味を持っている人が集まったイベントだったので、

いつもの生活圏とは違った雰囲気がありました。

 

「こんにちは!」

「元気ですか?」

が、よく飛び交っていました。

中には、流暢に話す人がいて、どうやって勉強したんだろう、と思いました。

 


f:id:yuta7watanabe:20190507024207j:image

f:id:yuta7watanabe:20190507024143j:image


Tシャツの文字は途中ですが、

日本語クラブのみなさんの想いは受け取ることができました。

 

前の自分だったら、この文字を笑って終わりだったかもしれない、と思いました。

上手くなければ外国語を話してはダメ、みたいな空気を、日本で勝手に感じていたからかもしれません。

 

今は、下手でもいいからとにかく話して、伝えようとして、少しでも伝わればいい、と思っています。

 

だから、

自力で企画、実行した日本語クラブの人達を、尊敬することができた日でした。