自分道じぶんどう

アフリカは、セネガル。青年海外協力隊。

148 とさつ

私の住む街から、さらに奥地へと入った地域で、とさつ(屠殺)場を見学しました。

 

朝の8時に見学の約束をしていました。

8時にとさつ場に着いた時は、ほとんどの肉がさばかれていて、吊るされている状態でした。

f:id:yuta7watanabe:20190620205145j:image

この日、さばかれていた動物は、ヤギと牛でした。ほとんどがヤギでした。

 

とさつ場のイメージがある人は、白い衛生服を着た、手袋、マスクをつけた人たちが作業している様子を思い浮かべると思います。

 

この日、作業している人たちの格好は、Tシャツにサンダル履きでした。

さらには、素手での作業でした。

衛生面に関する感覚が、日本と全く違います。

 

作業は、手馴れていて速いです。どんどん作業を進めていきます。

 

牛をさばく様子を見ていたときです。

巨大な牛の内臓をきれいに手ではがしていました。

内臓がなくなった牛の腹にバケツの水をバシャーと入れました。

そして、出てきた血をその水でバシャバシャと洗い、赤くなった水を今度は手ですくって出しました。

 

たくましい。

f:id:yuta7watanabe:20190620205855j:image

 

ヤギをさばく人は、切った部分に口をあてて、息をふきこむような作業をしていました。

直接口でというのに圧倒されました。

 

のんびり気質のセネガル人ですが、ここで働く人たちは、テキパキ動いていて、見ていて気持ちよかったです。

 

とさつ場のにおいはどうなっている?

と以前から思っていました。

 

さばいている場所は、においのきつさはそこまでなく、気になるレベルではありませんでした。

においのきつさを感じたのは、とさつ場の入り口のすぐ外でした。

f:id:yuta7watanabe:20190620204543j:image

そこには、死んだ動物がそのまま横たわっていたり、今までさばいた動物たちの骨が山になっていたりして、暑さと合わさってにおいを発していました。

この地域での肉の処理の大変さを物語っていました。 

 

街で見かける肉屋に吊り下げられている肉の、その前段階を見ることができたのは、貴重でした。

さばく人、さばかれる動物、両者ありがたいです。